Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
9月4日号

マイカー台数、国内平均は一家に1台!

自動車検査登録情報協会が、「マイカーの世帯あたり普及台数」を発表しました。それによりますと、今年3月末で、世帯当り普及台数が1,081台となり、2007年から続く減少傾向に歯止めがかかりました。
世帯当りの台数が最も多かったのは福井県の約1.7台で、最も少なかったのは、東京都の約0.49台でした。





F1ベルギーGP、シューマッハが底力!

F1第12戦、ベルギーGPは、レッドブルのセバッチャン・ベッテルが今季7勝目をあげました。日本期待の小林可夢偉は、予選12番手から序盤に大きくジャンプアップ、ところが、13周目、4位走行中にルイス・ハミルトンが、可夢偉のマシンに接触。このアクシデントがピットの戦略ミスにつながり悔しい12位に終わりました。
一方、底力を見せたのが、42歳のベテラン、ミハエル・シューマッハ。最下位からスタートしたものの、巧みなレース運びで5位フィニッシュ!
F1デビュー20周年の記念のグランプリで皇帝の意地を見せつけました。





スーパーGTレースの迫力を富士で体感!

国内で最も人気の高い「スーパーGT」の第6戦「富士GT250Kmレース」が、9月10日(土)〜11日(日)の2日間、静岡県の富士スピードウェイで開催されます。
40台ものレーシングカーが、世界有数、約1.5Kmのロングストレートを、時速300Km/h近い速度で駆け抜けます。500馬力のGT500クラスは、レクサス、ニッサン、ホンダの3メーカーがその威信をかけ、300馬力のGT300クラスは、フェラーリ、ポルシェ、ランボルギーニなどのGTカーが入り乱れ、国内外トップドライバーによる激しいバトルが展開されます。また、今シーズンは、F1で活躍した中嶋一貴選手の活躍も話題です。レース以外にも、ドライバーと触れ合えるイベントやお子さん向けのアトラクション、さらに、レース終了後には、コースを自由に散策できるコースウォークなど、初めての方からファミリーまでが楽しめるイベントも色々と行われます。
9月10日(土)〜11日(日)の2日間、富士スピードウェイで開催の「スーパーGT」第6戦「富士GT250Kmレース」、予選・決勝2日間有効の前売り観戦券は、大人5,500円、ペア券10,000円で、中学生以下のお子さんは保護者同伴であれば無料です。
音、スピード、風、ドライバーの気迫・・・レースの凄さをぜひ、“生”で体感してください!観戦チケットは全国のコンビニ、プレイガイド、富士スピードウェイの公式サイトで販売中です。