Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
8月28日号

トヨタが、電気自動車の世界最速を狙う!

このところ、世界中でEVのレーシングカーが続々と発表されていますが、そんな中、トヨタがEVレーシングカーを発表しました。今月29日、ドイツ伝統のサーキット・ニュルブルクリンクで電気自動車の最速タイムに挑みます。
ドイツケルンにあるトヨタF1の本拠地だったTMGが発表したもので、最高速度は260キロとのことです。





東京駅にEVタクシー専用乗り場!

タクシー業界にも、ハイブリッドカーやEVが徐々に増えていますが、現在、都内を走るタクシー約4万4000台のうち、ハイブリッドカー、EVは、合計約1200台。全体の約3%といったところです。
普及を促進するには充電スタンドなどのインフラの充実が急務と云われています。そこで、東京タクシーセンターでは10月上旬、東京駅前にハイブリッドカーやEV専用のタクシー乗り場を設置すると発表しました。
こういった専用の乗り場は、都内では初めてです。





富士山をバックにスーパーGTを観戦!

国内モータースポーツで最も人気の高いレース「スーパーGT」の第6戦「富士GT250Kmレース」が、9月10日(土)〜11日(日)の2日間、静岡県の富士スピードウェイで開催されます。
500馬力と300馬力に分かれた2つのクラスのマシン40台が、富士の特長である世界でも有数の約1.5kmのロングストレートを、時速300Km/h近い速度で駆け抜け、追い抜いていくシーンは圧巻です。
GT500クラスは、レクサス、ニッサン、ホンダの3社がその威信をかけ、GT300クラスは、フェラーリやポルシェ、ランボルギーニなどのGTカーが入り乱れ、国内外トップドライバーによる激しいバトルが展開されます。また、今シーズンは、F1で活躍した中嶋一貴選手が参戦し注目を集めています。
レース以外にも、ドライバーと触れ合えるイベントやお子さん向けのアトラクション、決勝レース終了後には、コースを自由に散策できるコースウォークなど、初めての方からファミリーまでが楽しめるイベントも多数行われます。
9月10日(土)〜11日(日)の2日間、富士スピードウェイで開催の「スーパーGT」第6戦「富士GT250Kmレース」、予選・決勝2日間有効の前売り観戦券は、大人5,500円、ペア券10,000円で、中学生以下のお子様は保護者同伴であれば無料です。
生の観戦でしか味わえないレースの凄さをぜひ体感してください!観戦チケットは全国のコンビニ、プレイガイド、富士スピードウェイの公式サイトで販売中です。