Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
8月21日号

佐藤琢磨、インディジャパンでの優勝に期待!

アメリカ最高峰、インディカー・シリーズ第12戦が、先週末、ニューハンプシャー・モーター・スピードウェイで行われ、今季、好調の佐藤琢磨は、予選8番手から、一時は、2位まで浮上しましたが、接触などで後退。それでも7位入賞を果たしました。
現在、シリーズランキングは10位ですが、既にポールポジションを2回獲得しており、いよいよ、9月18日に開催される第15戦、インディジャパンでの優勝に期待がかかります。





被災地の子ども達へ、ミニ四駆の先生を募集中!

カーザイナーやクリエイターの有志が、震災復興ボランティアとして、「カーデザイナーにできること/ミニ四駆工作教室」を、各地で開催しています。
被災した子供たちに、『元気』と『もの作りの楽しさ』、『創造力の大切さ』を伝えられる場にしたいという思いが込められています。
ところで、現在、工作教室の“先生”50名を募集中です。社会人または大学生・専門学校生で、子供と遊ぶのが好きで、ミニ四駆を組み立てたことがあることなどが条件です。
ボランティア(無報酬)で、交通費も自己負担です。詳しくは、「ミニ四駆工作教室」で検索してください。





バッテリーチェックはドライブの基本です!

夏休みドライブ中、不意のクルマのトラブルで涙をのんだ経験をお持ちの方も多いと思います。JAFのデータによりますと、ロードサービスの出動理由のトップはダントツで「バッテリー上がり」で、年間、実に約90万件だそうです。
さらに、今年6〜7月の間の4万6000件を対象に調査したところ、最も多かったのが「ライト類の消し忘れ」で、約半数、次が「バッテリーの劣化」で、3割以上。大半が初歩的なトラブルであることが分かります。猛暑の道路で立ち往生は悲惨ですし、熱中症の危険もあります。
くれぐれもバッテリーのチェックは怠らないようにお願いします。