Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
5月29日号

小林可夢偉、最下位から連続入賞!

先週末のF1第5戦、スペインGPで小林可夢偉がまたも入賞も果たしました。
14番手からスタート後、他車と接触して左のリアタイヤがパンク。緊急ピットインで、開会へ転落しましたが持ち前のオーバーテイクテクニックとタイヤをいたわる粘り強さを発揮、見事、10位でゴール、4戦連続のポイント獲得です。
尚、盤石の走りでセバスチャン・ベッテルが4勝目をあげました。





トヨタがクルマとSNSをコラボ!

先日、マイクロソフトと技術提携を発表したトヨタが、今度は、企業向けクラウドコンピューティングの大手「セールスフォース・ドットコム」との業務提携を発表しました。
これに伴って、新サービス「トヨタフレンド」のビジョンを発表。インターネットやソーシャル・ネットワーキング・サービスを活用して、電気自動車(EV)の電池残量が少ないことをドライバーに伝えたり、販売店に車検予約を入れたりできるようになり、さらに、ドライバーのつぶやきを商品開発に活用する構想もあるようです。
本格投入は2012年で、将来的には「ドライバーと会話できるクルマ」も目指すということです。





高級家具の香りがする木目の電気自動車」が誕生!

高級家具の産地として知られる広島県府中市で、家具の会社が、木目の電気自動車を製作して話題です。
このクルマは、通常のセダンタイプにフローリーングなどに使う木目の板を張ったもので、まさに和の風格漂う木目自動車となりました。電気の“電”に木目の木で“電木自動車”とでも言うのでしょうか。市内の産業イベントで披露し、家具の街をアピールするということです。