Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
2月27日号

F1バーレーンGPが中止に!

混乱が続く中東にあって、エジプトやリビア同様、政情不安の中、開催が危ぶまれていたF1バーレーンGPですが、先日、中止が決定しました。
また、3月3日にバーレーンで予定されていた合同テストも中止が決定。かわりにスペインで開幕前の最後のテスト走行が行われます。F1が開催国の政情不安で中止になるのは異例のことです。





ロールス・ロイスもEVを開発!

世界中で、EV(電気自動車)が台頭している中、あの高級自動車メーカー、ロールス・ロイスもEVを開発したことが明らかになりました。大型高級セダン「ファントム」をベースにしたもので間もなく開幕するジュネーブモータショーで発表されます。
総排気量6750CCの12気筒エンジン、燃費はリッター6キロ程度という大型セダンがどんな変身を遂げるか早くも注目を集めています。
ところで、高級自動車といえば、あのベントレーが、氷上で世界最速記録を更新しました。このチャレンジはフィンランドで実施されたのものでドライバーは、元WRC(世界ラリー選手権)チャンピオンのユハ・カンクネン、時速321.6km/hという氷上の世界最速記録を樹立しました。





高速道路初のトリックアートが完成!

このところ、道の駅や高速道路のSAが、グルメやイベントに力を入れて人気です。そんな中、NEXCO中日本が、東名高速道路・上郷SA(上り)に高速道路初のトリックアートを描き3月3日にお披露目されることになりました。
トリックアートは、人の目の錯覚を利用したアートで、子ども達が喜びそうなキリンやゾウ、白熊などが動物園のようなにぎやかさで、不思議な空間を演出、特に、幅約10mもある入口のトリックアートは、過去最大級の圧倒的な迫力があるということです。