Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
12月5日号

トヨタのファン感謝イベントが10周年!

毎年秋の恒例イベント、「トヨタモータースポーツフェスティバル 2010」が先週日曜日、静岡県の富士スピードウェイで開催されました。2001年にファン感謝イベントとして初開催され、実に10回目を迎えました。
記念すべきイベントとなった今年も、トヨタモータースポーツの歴史を築いてきた往年の名レーサーや、国内外で活躍するトヨタドライバー、60年代から現在までのレーシングカーが集結、様々なアトラクションに歓声が上がりました。
また、GAZOO Racingのパートでは2007年に始まったニュルブルクリンク24時間への挑戦を通じたトヨタの新しいクルマ作りを表現するデモ走行が行われました。





高校生が電気自動車でギネスに挑戦!

岡山県にある、おかやま山陽高校・自動車科の生徒が、ギネスブックに登録されている世界一車高が低い自動車、19インチを1インチ下回る車高18インチ(約45.4センチ)の電気自動車を開発しました。
生徒12人で、設計から製作までを手がけ、バッテリーなど一部の部品以外は、自作しました。
しかも、公道を走れるように地面から車の底までを9センチ空け、厚さ約35センチのボディー内に走行に必要な部品を納めてあります。高校生たちの夢を乗せたこのクルマの名前は「MIRAI(ミライ)」。近く、ギネスブックに申請するとのことです。





男性ドライバーの4割が、居眠り運転でヒヤリ

ある損害保険会社が、男女5000人を対象にクルマを運転中のトラブルを調査したところ、 男性運転者の4割が、「居眠り運転で事故を起こしかけた」という調査結果が出ました。
「危うく起こしそうになった事故」のトップは「追突事故」です。男女別に見ますと、「居眠り運転による事故」の割合は女性より、男性の方が高く、特に40代男性の居眠り運転が多いことも分かりました。
みなさん、眠くなったなら、すぐに運転をやめて体操や仮眠でもしてリフレッシュしてから再開してください。