Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
11月28日号

LAモーターショーに世界が注目!

EV、(電気自動車)元年ともいわれる今年は世界のメーカーが一気にEVへとハンドルを切りはじめた年でもありました。
それを象徴するように、今年最後の大型モーターショーとなったアメリカのロサンゼルスモーターショーでは各メーカーがEVを発表。トヨタも、お得意のハイブッリッドカーで培ったノウハウをEV試作車を発表しました。
これは、スポーツ用多目的車(SUV)「RAV4」に、先に資本参加を表明したテスラモーターズのシステムを搭載したものです。
トヨタはまた、小型車「iQ」ベースのEVを、日本、アメリカ、ヨーロッパで、2012年には発売すると発表しています。





無人のロボットカーがパイクスピークを走破!

このところ、自動運転のロボットカーの開発が盛んですが、今度は無人のロボットカーがアメリカコロラド州のパイクスピークを走破しました。
世界的に有名なヒルクライムレースの舞台であるパイクスピークは、一つ間違えば崖から転がり落ちる難コースですが、アウディとスタンフォード大学が共同開発した無人のロボットカーは全長20kmのコースを27分で走破。
こういった人工知能を搭載したロボットカーの開発はますます加速するとみられています。