Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
11月21日号

F1に史上最年少チャンピオン!

空前の大混戦となったF1は、先週末、最終戦アブダビGPで、レッドブルのセバスチャン・ベッテルが優勝、フェラーリのアロンソを逆転して史上最年少の王者に輝きました。
小林可夢偉は14位完走でシーズンを終えました。また、日本では、モータースポーツの最後を飾る「JAF Grand Prix FUJI SPRINT CUP」が初開催され、フォーミュラ・ニッポンでは、トムスのアンドレ・ロッテラーが2連勝。SUPER GTは、第1レースでセルモ/インギングのチャード・ライアンがポール・トゥ・ウィンで優勝。第2レースでは、チームルマンの伊藤大輔が優勝しました





スポーツEVの本格派が販売開始!

電気自動車(EV)の本格的なスポーツタイプとして世界中で注目されているテスラロードスターを擁するテスラモーターズが、東京・青山にアジア初のショールームをオープン、販売を開始しました。
テスラモーターズは、アメリカシリコンバレーに拠点をおく新進気鋭の自動車会社で、トヨタが資本参加を行い、バッテリーはパナソニックと共同開発するなど日本にゆかりがあります。
1回の充電あたりの航続距離は最大394km、最高速度は201km/hとガソリンエンジンのスポーツカーにもひけをとらないパフォーマンスも売り物です。お値段は「ロードスター2.5」が約1200万円です。





もしお子さんがクルマと同じ名前だったら?

フランスで、2012年にルノーが市販する予定の小型EV、「ZOE」(ゾエ)を発表したところ、ある家族から待ったがかかりました。
その家族の娘の名前が、この新型車と同じ「ゾエ」。しかも名字がルノー。なんと娘のフルネームは「ゾエ・ルノー」。
同じ境遇の2家族が、ルノーに対して車名の使用差し止めを求める訴えを起こしていました。
先日出た判決で、裁判所は、「ゾエの名前を使用しても、個人の生活を脅かしたり、尊厳を傷つけたりするものではない」と訴えを棄却しました。家族は子供がいじめに遭う可能性を主張していたようですが、フランスでは、「ゾエ」は11番目に人気が高い名前とのことです。