Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
11月7日号

クルマのトキメキは永遠に!

アメリカンモータースポーツで一番人気は何と言ってもNASCARです。サーキットを疾走するあのマシンに一度は乗ってみたい、そんな夢を子どもたちは一度は見ると言われています。ラスベガスで開幕したアメリカ最大のカスタマイズカーイベントSEMAショーにトヨタが「カムリ」の「NASCARエディション」を出品し話題です。
市販のカムリになんと680馬力のV8エンジンを載せたモンスターマシンで、あり余るパワーを受け止めるためタイヤはもちろん、サスペンションやブレーキも強化されています。
このところは世界中でエコカーが話題の中心ですが、クルマが持つ夢やトキメキを忘れまいというトヨタのメッセージが感じられます。





ロボット電気自動車、イタリア‐中国を走破。

EV(電気自動車)のロボットカーがイタリアから中国を走破しました。このロボットカーは、ヨーロッパのリサーチカウンシルが、研究開発目的で製作したもので、EVであると同時に、無人走行も可能なミニバンです。
2台のロボットバンは7月にイタリア・ミラノを出発、ロシアを横断し、ゴビ砂漠を経由するなど、ハードなルートを走りきって目的地の上海に10月末にゴールしました。
1万3000kmのうち無人走行をどのくらいしたのかは分かりませんが、クルマは、確実に未来に向けて進化しているようです。





伝説のドライバーたちのバトルが実現!

スーパーGTとフォーミュラ・ニッポンの同時開催イベント「 FUJI SPRINT CUP 」が来週末、富士スピードウェイで開催されます。その中で行われるドリームマッチが話題です。
「レジェンドカップ」と銘打ったレースでは、中嶋悟、土屋圭市、関谷正徳、鈴木亜久里、近藤真彦、高木虎之介などこれまで、国内外のモータースポーツの舞台で活躍してきた往年のトップドライバーが勢揃いして火花を散らします。「FUJI SPRINT CUP」は11月12日から14日まで開催です。
詳しくは富士スピードウェイの公式サイトでチェックして下さい。