Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
10月24日号

フォーミュラ・ニッポン、地元九州でルーキーが躍進!

国内モータースポーツの最高峰、フォーミュラ・ニッポン第6戦が大分県のオートポリスで行われ、トムスのアンドレ・ロッテラーが今季初勝利を挙げました。
また、地元九州出身でルーキーのインギングの井口卓人が6位初入賞を果たしました。地元応援団の声援に後押しされゴール後に涙がにじんだという井口の今後の活躍に期待がかかります。
一方、全日本F3の第15戦ではベテランの嵯峨宏紀が悲願の初優勝、第16戦も制して2連勝でシーズンを締めくくりました。





電気自動車EV仕様のカーナビが登場!

電気自動車の普及を目前に、パイオニアは、電気自動車仕様ともいえるカーナビを発表しました。
従来のガソリン車に対する燃費推定機能をベースに、電気自動車特有のエネルギー効率などを考慮しながら、走行可能距離を高い精度で予測、適切な充電時期などを知らせることができるというものです。





レアアースを使わないモーターの開発に成功!

このところ何かと話題のレアアースは、ハイテク商品や特にハイブリッドカーのモーターには欠かせない素材です。
このほど、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)は、レアアースを使わない新しい構造のハイブリッド車用磁石モーターを開発したと発表しました。
これは、北海道大学の研究グループと共同で開発に成功したもので、詳細は明らかにされていませんが、従来のハイブリッド車用のレアアースモーターに匹敵する出力を発生するとしています。
実用化されれば、日本が強い競争力を持つ可能性があります。