Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
9月5日号

可夢偉が、今季5度目のポイントゲット!

F1もつかの間の夏休みを終え、先週末、第13戦ベルギーGPが開催されました。期待の小林可夢偉は、予選では、惜しくも17番手と後方グリッドに沈みましたが、目まぐるしく変わる天候をものともせずチャンピオン経験者のシューマッハ―やアロンソと堂々たるバトルを演じ、9台抜きの8位でゴール!2戦連続、今季5度目のポイントを獲得しました。
優勝は、マクラーレンのルイス・ハミルトン。
山本左近は、20位完走でした。





セナのドキュメンタリー映画、10月公開です!

音速の貴公子と呼ばれ、そのアグレッシブな走りとひたむきな姿勢で世界中のファンを魅了したアイルトン・セナ。突然の死から16年の歳月が流れましたがいまでも彼の死を惜しむ大勢のファンがいます。
そんなファン待望の、初のドキュメンタリー映画『アイルトン・セナ 〜音速の彼方へ』が、全世界に先駆けて10月に日本で封切られます。「アイルトン・セナ財団」の全面協力のもと、各国から提供された迫力のレース映像や貴重なプライベート映像が盛り込まれた渾身のドキュメンタリー映画に仕上がっているそうです。
10月8日(金)、全国ロードショー公開です。





クルマの環境性能をランク付けです!

アメリカの環境保護局(EPA)は、燃費や走行距離当たりの二酸化炭素排出量に応じて、車の環境性能をAからDまでの4段階でランク付けすることを盛り込んだ新制度案を発表しました。
この案では、電気自動車などガソリンを燃料に使わない新しいタイプの車を含むあらゆる車種が対象とされ、販売店では、この評価をラベルで示すことが義務づけられるというものです。
エコカーの購買意欲促進が大きな目的のようですが、メーカーの開発意欲向上にもつながりそうです。