Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
8月8日号

可夢偉、今度は14台抜きで9位!

先週末のF1第12戦、ハンガリー・グランプリで、小林可夢偉は、予選で自らのミスによるペナルティを受け、自己ワーストの23番手スタートとなりました。
しかし、スタートで飛び出した可夢偉は1周目に16番手までジャンプアップ、18周目には、ミハエル・シューマッハを抜いて9位に浮上!2戦ぶり今季4度目の入賞を果たしました。
レース後、チームは可夢偉の走りを絶賛、トップチームには及ばないマシンでの素晴らしい走りにパドックでは早くも来季、有力チームへの移籍も噂されています。





ETCの元はとれましたか?

自動車サイト大手のレスポンスによりますとETC購入者の8割以上がすでに「元は取れた」と思っていることが分かりました。
これは、ソニー損害保険が行ったお盆に帰省する予定の20代〜50代のクルマ所有者の男女を対象に行ったインターネットリサーチの結果として伝えたものです。
この他、ETCで支払が出来たらいいと思う施設としては3位が「ドライブスルー」、2位が「ガソリンスタンド」、1位は「コインパーキング」だったとのことです。





空飛ぶ自動車、販売間近です!

このところ人気のハイブリッドカーや電気自動車は少し前までは近未来の夢のクルマでしたが、さらにその先には、空飛ぶ自動車も憧れの対象としてあり、未来小説や映画にもしばしば登場します。普段は道路を走っていて、いざという時には空を飛べる・・・そんな夢のクルマが、実現どころか、来年にも販売されそうです。
このクルマを開発したのはアメリカのテラフージア社で、名前は「トランジション」、2人乗りの軽自動車にセスナほどの翼がついたようなカタチをしています。
後輪駆動で地上走行、いざという時には、170キロの速度で、飛行機として空を飛べるというものです。
因みに、この会社のサイトでは、出荷開始は2011年後半となっています。気になる方はチェックしてみて下さい。