Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
7月18日号

F1イギリスGP、可夢偉は6位入賞!

F1GP発祥の地、シルバーストーン・サーキットで行われたF1第10戦イギリスGPで、予選12位からスタートした小林可夢偉が、今季最高の6位入賞を果たしました。
可夢偉はこれで2戦連続のポイント獲得、本場ヨーロッパの関係者の評価はウナギ登りです。
優勝は、レッドブルのマーク・ウェバーでした。





レースも電気自動車の時代へ!

新時代のクルマとして、一躍、電気自動車が脚光を浴びています。そんな中、明日(19日)、千葉県の袖ヶ浦フォレストレースウェイで本格的な「電気自動車レース」が開催されます。
日本電気自動車レース協会(JEVRA)が主催する『全日本 袖ヶ浦 EV50kmレース大会』です。記念すべき今大会には、このところ話題のアメリカのテスラ・ロードスター、AE86レビンやポルシェ916の電気自動車仕様など9台のマシンが出走します。初の開催にあたって、主催者の富沢事務局長に伺ったところ「地球温暖化対策と自動車産業の更なる発展を大きなテーマに、今後は徐々にレース距離を伸ばして、ただ単にスピードを競うだけではなく、電気自動車が暮らしの中にとけ込んでいけるようなベース作りや普及に役立ちたい」と抱負を語ってくれました。
今季は2戦が予定されており、11月には岡山国際サーキットで開催予定です。





飲酒運転死亡事故は、バイクが要注意!

先日発表された都道府県別の交通事故死亡者数では東京がワースト1位でしたが、バイクによる酒運転の増加が目立ちました。警視庁によりますと、今年の都内の飲酒運転死亡事故5件のうち4件はバイクの飲酒運転によるもので、全て自宅近くでの事故でした。
「飲んだら乗るな。乗ったら飲むな。」
これはバイクでも同じ事です。