Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
6月13日号

高速無料化実験がスタート!

全国の高速道路37路線の50区間、計(あわせて)1626キロで無料化の社会実験が行われます。
国土交通省によりますと、今回の実験は、28日午前0時から開始の予定で、八戸自動車道の87キロ、舞鶴若狭自動車道の112キロ他で、ETC搭載車や、大型、普通の車種にかかわらず、すべての車が対象となります。
ところで、東日本高速道路会社の発表によりますと昨年3月末から実施されている高速料金の割引、いわゆる“1,000円高速”の影響で売り上げが約7%、額にして約1,000億円減少したものの、交通量は約13%増加したとのことです。
高速が使いやすくなるかわりに長時間の渋滞が増え、環境への悪影響も懸念されます。このあたりのバランスが今後の課題かも知れません。





自転車をこいで携帯を充電!

最近は、携帯電話の電池が持たない、という声をよく聞きます。便利な機能が増えたことで電池消費量が増えたのがその一因だと言われますが、そんな中、時代に合った新しい充電キットが話題です。
携帯電話メーカーのNokiaは、自転車をこいで携帯電話を充電できるキットを発表しました。
携帯電話を自転車につけた固定ホルダーに取り付けると、自転車の車輪が回る動きを利用して発電し、携帯電話に電気を供給するという仕組みです。電力の供給が不足している新興国市場をターゲットにすると同時に、先進国では環境に優しい点が売りになるとしています。今や生活に欠かせない携帯電話と自転車ブームを見事に捉えた新しいシステムではないでしょうか?
対応機種が増えるといいですね。