Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
9月27日号

F1マシンが伝統工芸に!

F1日本GPが近づいてきました。今年は、3年ぶりに鈴鹿サーキットで開催されることを祝って地元も大歓迎。
そんなムードの中、鈴鹿につたわる伝統工芸である伊勢型紙(いせかたがみ)や鈴鹿墨(すずかずみ)の職人さんたちがその腕を振るって、F1マシンのオブジェを制作しました。
型紙職人18人、墨職人3人の工芸士が3か月がかりで制作。材料費だけで約150万円の力作です。
車体は長さ4.7メートル、幅1.8メートルの原寸大で、江戸小紋(えどこもん)や創作デザインの図柄があしらわれ、内部の電球で光る、幻想的なF1マシンに仕上がっています。
このF1オブジェは、今日まで、ショッピングセンター「ベルシティ」で開かれている伝統工芸士展に展示され、F1ムードを盛り上げます。





F1日本GP直前、六本木が熱いです!

F1をテーマにしたイラストで有名なイラストレーター、角谷やすひとさんが、日本GPを記念した絵画展「スピード・ポップ・サーキット」を開催中です。
会場は、昨年秋に六本木にオープン、F1全レースのパブリックビューイングが人気の「F1 PIT STOP CAFE」、入場は無料で、会期は10月12日(月)まで。そして、さらに、日本GP直前の29日(火)、トヨタF1チームのティモ・グロック、小林可夢偉がこのカフェに登場し、スペシャルなトークショーを行います。
F1レース直前に、F1レーサーに間近に触れ合えるレアなチャンスです。
こちらも入場は無料で、29日(火)午後7時からスタート予定です。
お問合せは、「F1 PIT STOP CAFE」:03-3587-1950までどうぞ。





三宅島にバイクアイランドが出現!

2000年の噴火災害からの復興を目指し、3年前から三宅島本島などで開催されている「チャレンジ三宅島 モーターサイクルフェスティバル」が今年も10月に行われます。
3回目となる今年は、新たに国内4メーカーの協賛のもと、環境をテーマに加え、自然いっぱいの三宅島に“観て楽しい、体験して楽しい”バイクファンが主役のバイクアイランドが出現します!
往年の名車、レーシングサイドカーなどが公道を走行する他、白バイが、高度なライディング技術と機動力を披露、また、オフロードバイク体験など、バイクの楽しみは勿論、大自然や旬の味覚、温泉も満喫できます。