Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
7月19日号

18歳ルーキーがF3ランキングトップ!

F1を目指す若手ドライバーが火花を散らす「全日本F3選手権」でルーキードライバーが活躍しています。三重県の鈴鹿サーキットで開催された第9戦、トヨタが支援する18歳の国本雄資は最前列からスタートしTOPでフィニッシュ、3勝目をあげました。第10戦は、スタートを失敗して後方へ沈みましたが追い上げて僅差の4位。
現在、ライバルのマーカス・エリクソンと共にシリーズランキングトップに並んでいます。
国本雄資の兄は、昨年のF3世界チャンピオン国本京佑。F1のシートを目指す兄弟の今後の活躍に期待です!





幻のスーパーカーが湖から!

いまから100年前にアルザスで創業し、ヨーロッパで一世を風靡、近年では2007年に2億円近い価格のスーパースポーツカ―ヴェイロンを発売して話題になった、あのブガッティの往年の名車が思わぬところから発見されました。
なんと、スイスとイタリアにまたがる湖の底でダイバーによって発見されたのです。
残っていたナンバーから、今から84年前の1925年4月に、フランス・ナンシーで登録されたタイプ23「ブレシア」と判明。ヨーロッパでは、戦争の際に、軍の接収を避けるなどの理由で、高級乗用車をトンネルや壁の裏側に隠したり、地中や水中に沈めて保管した例がありますが、このブガッティが、なぜ湖底に沈んでいたのかは今となっては不明です。
尚、同タイプのブガッティは1億円以上の価値があるとのことです。