Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
3月29日号

カローラがスーパーGTにデビュー!

国内最高峰の観客動員を誇るスーパーGTの開幕戦が岡山国際サーキットで開催されました。
トヨタは、5台のレクサスSC430で参戦、予選では立川祐路選手が見事ポールポジションを獲得、石浦選手が2位と、フロントローを独占しました。
しかし、雨の決勝レースでは、天候回復にかけチョイスした少雨用のタイヤで降りしきる雨の中を走行する我慢のレースとなるなど苦戦、LEXUS TEAM ZENT cerumoの立川組が6位入賞するに留まりました。尚、優勝はマッチこと近藤真彦監督率いるKONDOレーシングのGT-Rでした。
一方、GT300クラスには、カローラアクシオGTがデビュー、まだまだ発展途上というマシンながら、若手の井口組が5位入賞を果たしました。
また、レクサスIS350の織戸組は、スタート直後からハイペースでとばし、2位に大差をつけてトップでチェッカーを受けました。





ETCの助成、まだまだ続きます!

先週末から始まった休日の高速料金割引に伴ってETCの販売店が混雑する様子、東京湾アクアラインの渋滞などが報じられましたが、気になるETC購入の助成金が、4輪車累計95万台、2輪車5万台に達するまで継続されることが発表されました。
3月末までの助成制度実施中に買わなければと焦っていた方も多いと思いますが、この台数までは継続とのことでほっとされているかもしれません。
ETC車載器が売り切れの販売店続出のニュースも伝えられましたが、それもそのはず、助成金額は、四輪車が5250円、二輪車は1万5750円とかなり魅力的です。
ところで、3月19日時点でのETCセットアップ件数は2800万件を突破、この1ヶ月間で、訳100万台増えた計算です。経済効果にも期待したいところですね。