Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
2月15日号

リッター40円でバイオ燃料を!

トヨタ自動車、新日本石油、東レ、三菱重工業、鹿島建設、サッポロエンジアリングの6社が、食料と競合しないセルロース系バイオエタノールの一貫製造技術に関する研究開発を行う「バイオエタノール革新技術研究組合」を設立すると発表しました。
バイオ燃料は、地球温暖化対策の重要な手段の一つと言われる一方で、食料とのバッティングや生態系への悪影響の懸念など課題が多いのも事実です。そこで、バイオ燃料製造の各工程における技術を持つ6社が経済的で安定的な製造技術の確立にむけ力を合わせることになったようです。研究組合では、2015年を目標に、1リットル40円を目指し、技術を確立したいとしています。





アメリカンF1チーム、誕生か!?

ホンダF1チームの撤退などにより今季のF1GPは、これまでよりチーム数が少なくさみしい気もしますが、アメリカから朗報が入ってきました。来季、新しいF1チームが誕生しそうだというのです。USF1チームという名称で、80年代にF1でテクニカルディレクターを務め、その後NASCARやインディなどで活躍したエンジニア、ケン・アンダーソンと、元F1チームマネージャーで、ライターやキャスターを務めるイギリス人のピーター・ウィンザーが共同で立ち上げるもので、本拠地はノースキャロナイナ州が有力とのこと。詳細は不明ですが、すでに2010年のドライバーもほぼ確定しているという噂もあり、動向から目が離せません。