Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
1月11日号

F1王者が大英帝国勲章を受章!

昨年、F1史上最年少で総合優勝の栄冠に輝いたルイス・ハミルトンに、イギリス王室から、大英帝国勲章第5位(MBE)が授与されました。そのハミルトンから「女王陛下からMBE(勲章)を授かるなんて、とても名誉なこと、すごく光栄だよ。僕にとっては、ものすごい1年だったけど、これが驚きの絶頂だね。」と、喜びのコメントが伝わってきました。
因みに、このほか、スポーツ関係では北京五輪の自転車競技で金メダル3個を獲得したクリス・ホイにナイトの称号が授与されました。





8億円の中古車を発見!

なんと、イギリス・ニューカッスルの民家のガレージから8億円の中古車が発見されました。
このクルマは、1937年製のブガッティで世界で17台しか生産されなかったため、幻のスポーツカーとして、愛好家にとっては伝説のクルマです。そんな貴重なクルマが、開業医を営んでいた男性の家から発見されました。しかも殆ど原型のまま、これをオークションに出せば、最低でも8億円はくだらないと、関係者はみています。





ハイブリッドで自動車税がタダに!

環境意識の高まりや不安定な原油高の影響で、このところ、益々ハイブリッドカーへの関心が高まっています。あるネット調査会社が、ハイブリッドカーについての意識調査をまとめたところ、世帯年収700万円以上の20歳から49歳の男女で実に83%がハイブリッド車に関心を示し、そのうち8割がハイブリッド車の購入意欲がある、と答えています。
ただ、価格が高いと指摘した声もあり、コストダウンへの期待も高まっています。そんな中、東京都は先頃、次世代エコカーの自動車税と自動車取得税を2009年度から5年間、全額免除する方針を固めたと朗報が伝わりました。対象は、家庭用電源で充電が可能なプラグインハイブリッドカー、電気自動車とのことです。