Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
12月14日号

飲酒運転防止インストラクター講座に注目!

相変わらず無くならない飲酒運転。
その摘発や事件、事故が相次ぐ中、NPO法人「ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)」では「飲酒運転防止インストラクター」の養成講座を開講、その存在が注目を集めています。
この養成講座は、アルコールの基礎知識はもちろんのこと、職場や地域での飲酒運転防止の取り組みを実践、インストラクターの認定を行います。一人でも多くの方に飲酒運転の危険さを広めてもらうことがねらいです。アルコールは「寝ると大丈夫」「シャワーやサウナで抜ける」・・・この講座、こんな誤解をなくすことからはじめるそうです。





あのハミルトンが、サーキットを設計!

今年のF1を史上最年少で制したルイス・ハミルトンがF1サーキットを設計。
と言っても、これはバーチャルの世界でのお話しです。ハミルトン選手とエクソンモービルが共同開発したこのバーチャルコースには、現在あるF1サーキットの中からハミルトン自身が選んだ好きなコーナー・ベスト10が組み込まれています。
最初のコーナーは、イスタンブールの第8コーナー。実際のF1では260km/hでまわるコーナーで、その横方向の重力は5Gにも達します。この他、鈴鹿サーキットの名物コーナー130R、スパフランコルシャンのオールージュ、モナコのカジノスクエアも登場します。残念ながらここ2年、日本GPが開催された富士スピードウェイは10のコーナーに今回は選ばれませんでした。





トヨタのクルマこどもサイトにエコゲームが登場!

トヨタの「クルマこどもサイト」に、「カーアンドエコゲーム」が登場しました。
クルマと環境や経済との関わりについて楽しみながら学習できるサイトです。
プレイヤーは、自動車会社の経営者となってクルマを開発、生産、そして販売、まさにクルマメーカーを経営します。そこには、地球や社会の発展に貢献するための取り組みも現れます。それを、すごろくふうに一歩一歩確認しながら進んでいくというものですが、そうやっていくうちに、環境保全と経済発展の両立を目指す自動車メーカーの取り組みを疑似体験することができるというわけです。