Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
11月23日号

国本京佑、伝統のマカオGPを制覇!

先週末、マカオの市街地コースで開催された第55回マカオグランプリで、日本代表の一人、TDP(トヨタ・ヤングドライバーズ・プログラム)が支援する名門トムスの国本京佑が初挑戦ながら優勝しました。
このマカオGPは、アイルトン・セナ、ミハエル・シューマッハを始めとする数々のトップレーサーを輩出してきた伝統の一戦でF1を目指す若手が参加するF3の世界一決定戦の異名を持ちます。近年では、2001年に佐藤琢磨が優勝し、F1へステップアップ、国本は琢磨に続く日本人として二人目のウィナーに輝きました。マカオの市街地コースは年に一回、大会の時だけに設置される特設コースのため、事前の練習走行ができません。そのため、初挑戦で、予選タイムアタック2位、予選レース2位、そして決勝レースを制した実力が高く評価されます。レースシーンでは、早くも国本の来季の活動に注目が集まっていますが、早くも、トヨタF1での活躍を熱望するファンや関係者の声も多く聞かれています。





ETC利用率、最高記録を更新!

このところ、政府の景気対策による高速道路のETC利用料金1000円乗り放題案など、ETCの話題がしばしばあがりますが、効果あってか、ETCの利用率も日々高まっている様子です。
11月10日から16日の1週間の利用率は、実に82.4%で過去最高を記録しました。
もはやETCレーンを走るちょっとした優越感もいまは昔になりつつありますが、料金所周辺の渋滞緩和がより進むことに期待が高まります。





あなたは「デス・レース」の迫力に耐えられますか?

クルマ好きにはたまらない大迫力シーンが話題の映画「デス・レース」が、間もなく公開されます。
近未来のアメリカを舞台に、なんと刑務所内で命をかけたレースが開催されるというとんでもないストーリーですが、『バイオハザード』や『エイリアンVS.プレデター』を手掛けたポール・W.S.アンダーソンの監督兼脚本で、かつてないカーアクションムービーに仕上がっています。ハイパワーのスポーツカーによるレースシーンは映像はもちろん、その重低音にも注目です。
11月29日、有楽座ほかで全国ロードショーです。