Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
10月5日号

F1初のナイトレースは歴史に残る一戦!

F1史上初めてのナイトレースが、第15戦シンガポールGPとして実現しました。シンガポールの街を駆け抜ける特設コースは夜間照明により、幻想的で異次元の世界を思わせるムードに包まれました。しかし、レースはそんな雰囲気とは打って変わって限界ぎりぎりのバトルやクラッシュが続くエキサイティングなものとなりました。ウィリアムズトヨタのルーキー中嶋一貴は10番手からスタート、アグレッシヴなオーバーテイクをみせ、8位入賞。トヨタは、好調の若手、ティモ・グロックが4位に入りました。記念すべきシンガポール初代のウィナーは、15番手から追い上げた、ルノーのフェルナンド・アロンソでした。いよいよ来週末は、F1日本GP、富士山をバックにF1マシンが疾走します。





夢のクルマを子供たちで!

トヨタは、2004年からアジア地域各国の子供たちを対象に「トヨタ 夢のクルマアートコンテスト」を実施しています。このコンテストには、「みんなが夢みる未来社会のクルマ」の絵を描いてもらい、子供達にクルマへの夢をふくらませてもらいたい、そんな願いが込められています。これまでに、約4万件の応募があり、年々広がっています。そこで今回からは日本を含め、アジア12カ国の国と地域の子供達を対象に拡大して実施されます。募集期間は12月31日(水)まで。
優秀な作品は、「トヨタ 夢のクルマアートコンテスト」ホームページで発表されます。