Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
8月10日号

クラッシュ後のレースで歓喜の表彰台!

F1ドイツGPで激しいクラッシュを起こし、心配されていたトヨタF1チームのルーキー、ティモ・グロックが見事なレースをみせました。先週末のF1第11戦ハンガリーGPで、自身のベストグリッド5番手からスタートを切ったトヨタのグロックは、スタート直後に4番手へ浮上、終盤には3番手を走行。さらに、レース終了間際、トップを走っていたフェラーリのフェリペ・マッサにエンジントラブルが発生。2位でゴールし、初の表彰台に上りました。ヤルノ・トゥルーリも7位でチェッカーを受け、トヨタは嬉しいダブルポイントを獲得しました。トヨタF1の山科代表は、ゴール直後のインタビューで「これはチーム全員の勝利」と語り、若手の2位入賞が優勝にも匹敵する喜びであることを表現しました。ここからのグロックの大ブレイクに期待がかかります。





トヨタが電動二輪車を発表!

トヨタは、次世代の移動手段として1人乗り電動二輪車「ウィングレット」を発表しました。まだ試作段階ですが、車輪の内部にモーターを内蔵、最高速度は時速6キロ。立ったまま乗り、体重移動して動かす仕組みです。有名な「セグウェイ」と仕組みは似ていますが、重量や大きさなどは「セグウェイ」の約3分の1。人込みの中でも運転しやすく、持ち運びもラクとのことで、未来の新型自転車として発売されれば脚光を浴びそうです。但し、現状では1台あたり数百万円もかかるようで、実用化へは時間がかかるようです。





トヨタの“i-REAL”にお台場で試乗できます!

この夏、お台場で未来のクルマを体感できます。東京・お台場の巨大ショーケース、MEGA WEBでは、未来のパーソナルモビリティ「i-REAL」の試乗イベントを開催中です。先日の洞爺湖サミットで、福田首相や各国首脳の夫人が試乗する姿が報じされたことでもおなじみの「i-REAL」は、昨年の東京モーターショー話題を集めた独り乗りの未来カー。前2輪、後1輪の3輪車で、走るイスのようなスタイルです。MEGA WEBでの試乗イベントは、参加費は無料ですが、普通自動車免許が必要です。また、抽選によってチャンスが得られるようですので詳しくは MEGA WEBまでお問い合わせ下さい。