Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
6月15日号

ポーランド人がF1で初勝利!

F1第7戦カナダGPで、BMWザウバーのロバート・クビサが初優勝、ポーランド人として初めて表彰台の中央に立ちました。トヨタチームは、若手のティモ・グロックがフェラーリのフェリペ・マッサを従えての4位、ヤルノ・トゥルーリが6位。一時は2位を走行したウィリアムズの中嶋一貴は、ホンダのジェンソン・バトンにコーナーで追突、その影響で惜しくもリタイア。しかし、そのスピードを世界へアピールしました。優勝したクビサは、昨年、270km/hのハイスピードでコンクリートウォールに激突、回転しながらコースを横切る衝撃の大クラッシュを演じたコースで、見事、雪辱を果たし、年間ランキングのトップに立ちました。





ハイブリッドカーが売れています!

連日、原油高騰のニュースが報じられる中、ハイブリッドカーの販売台数が急増しています。日本自動車販売協会連合会がまとめた5月の販売台数を見ますと、国内で販売されているハイブリッドカー8モデルの合計が約7600台、前の年の同じ月に比べて26・6%増加しています。中でも、世界のセレブリティにも人気の「プリウス」は、なんと22・7%増の5079台と驚異的に伸びています。関係者は、ガソリンが高騰したことで、クルマ購入時の条件として燃費の良さを考慮する人が増えていること、ハイブリッドカーへの理解がより高まってきたことなどを要因としてあげています。ところで、自動車販売全体におけるハイブリッドカーの割合は、昨年5月時点で3%、先月は4%と1ポイントアップしていますが、これからのボーナス商戦での買い替えなどでさらに伸びると予想されています。