Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
スピードスクープス・ペシャル 1月6日号


 日本初、親子2代のF1フル参戦に期待!

元F1ドライバー中嶋悟さんの長男で、昨年、ウィリアムズ・トヨタのテストドライバーを務めた中嶋一貴が、いよいよウイリアムズのレギュラードライバーとしてF1GPにフル参戦します!
昨年のF1最終戦、ブラジルGPでF1デビューし、10位で完走したその粘り強いレース運びは父譲りと絶賛!親子ドライバーのF1フル参戦は、もちろん日本初!なお、ルノーチームからは中嶋悟さんと同年代の世界チャンピオンネルソン・ピケの息子、ピケJr.がデビュー、新世代の戦いに注目が集まります。F1に大きな楽しみが増えました。





 トヨタF1に期待の新人が加入!

3月のF1開幕に向けて各チーム共、新陣営で動き始めましたが、トヨタF1チームには、ラルフ・シューマッハに代わって、25歳のドイツ人、ティモ・グロックが新加入しました。ティモ・グロックは去年のGP2シリーズで、5勝をマーク!年間タイトルを獲得した期待の新鋭。GP2王者あがりと言えば、昨季を盛り上げたあのルイス・ハミルトンがいますから期待できます!残留のヤルノ・トゥルーリと、どんなコンビネーションを見せてくれるか楽しみです。
また、テストドライバーは、若手日本人ドライバーの小林可夢偉が担当、中嶋一貴に続けと気合のこもった走りを見せてくれるはずです。期待の2008年F1GPは、3月16日のオーストラリアGPを皮切りに、11月2日のブラジルGPまで、年間18戦で行われます。ところで、第15戦シンガポールGPは、F1史上初のナイトレースとなる予定。日本GPは10月12日決勝です!





 2030年にはバイオ燃料が1割に!

昨年は、とうもろこしなどを原料とするバイオ燃料が急速に注目され、日本でもバイオ燃料の販売が始まりました。政府の関係機関では、このほど、バイオエタノールの生産量を、2030年までに、ガソリン消費量の約1割に拡大する計画を発表!これを実現させるために、各省庁の垣根を越えた協力が必要と、バイオエタノールプロジェクトの設置を検討しています。
穀物を原料とするバイオ燃料に関しては、世界中で様々な議論が行われていますが、化石燃料に代わる新しい燃料の開発は、言ってみれば現代社会の急務、消費者のマインドも含めて、これからもっと高いステージへ突入していくはずです。





 1月は東京オートサロンに注目です!

昨年秋、自動車とオートバイ、商用車が一堂に会して初の総合ショーとして開催された「東京モーターショー」には、エコカー、超コンパクトカー、スーパースポーツが混在しまさにモータリゼーションの今を映しました。かわって、まもなく、1月11日から開催される「東京オートサロン」ではカスタマイズシーンの最新トレンドが集結します。エンジンのパワーアップ、サスペンション、外観のアレンジ、オーディオ&ヴィジュアルから、レーシングカー、自動車メーカー公認のカスタマイズに至るまでが千葉県の幕張メッセで輝きを放ちます。
ここ数年は海外メディアの注目度もあがっている日本が世界に誇る巨大カーショーは1月11日〜13日まで開催です。





 サイド&カーテンエアバッグが標準装備へ!

飲酒運転、駐車違反の取締り強化など、年々、安全運転意識の向上が叫ばれていますが、今年は、ドライバーや同乗者を守る、クルマ自体の安全確立が一歩も二歩も進化しそうです。
例えば、サイド&カーテンエアバッグの標準装備!トヨタは、側面への衝突時の衝撃を緩和するサイド・エアバッグとカーテンシールド・エアバッグを、乗用車系の車種を対象に、新型車から全車に標準装備します。サイド・エアバッグは、主に胸への衝撃を緩和、カーテンシールド・エアバッグは、頭部への衝撃を緩和するシステムです。
さらに、去年の11月には、世界最大級のドライブシミュレーターを稼働させ安全への取り組みを強化。ハイテクを活用した新たな安全対策を推進します。



以上、今年最初の「スピードスクープスペシャル」でした。