Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
12月9日号

 F1はストーブリーグもホット!

F1やインディ、スーパーGTなど、国内外のモータースポーツがオフに入って一段落しているようですが、各チームでは来季に向けて、マシンの開発やドライバー選びを着々と行っています。この期間は、ストーブリーグと呼ばれ、ファンにとってはお気に入りのチームの体制などが気になります。ところで、2008年のF1GPは、全18戦が行われ、開幕は、3月16日のオーストラリアGP、第2戦がマレーシアGP、第3戦バーレーンGPと続きます。そして、注目は第15戦シンガポールGP!これはF1史上初のナイトレースとなる予定で、大きな話題です。次ぎがいよいよ日本GP!10月12日決勝!
続く第17戦が中国GP、そして最終戦はブラジルGPです。我々日本人にとっては、ウィリアムズトヨタのレギュラードライバーとなった中嶋一貴選手の活躍がなんと言っても楽しみです。





 アメリカの新車販売、エコカーが好調!

サブプライムローンの破綻から景気の先行きに暗雲が立ち込めているアメリカの経済ですが、それでも世論の高まりを反映して、エコカー市場は好調、各メーカーとも販売実績を伸ばしています。そんな中、日本が誇るエコカーの旗手、トヨタプリウスが「コンシューマー・リポート」の満足度調査で、4年連続で満足度の第一位に選ばれました。
この調査では、「今度買うとき、同じ車を買いますか?」とのアンケートも実施したのですが、プリウスユーザーの80%以上が「再び所有したい」と答えました。また、満足度の高い車種は39、その内訳は日本車18、欧州車12、米国車7、韓国車2の割合でした。