Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
11月25日号

 後部座席でもシートベルトを!

警察庁とJAF(日本自動車連盟)は先日、シートベルトの着用率の調査結果を発表しました。これによりますと、一般道での着用率は、運転席95%、助手席86.3%に対し、後部座席では8.8%にとどまっています。
来年の6月までに施行される改正道路交通法では、新たに後部座席でのシートベルト着用が義務化されますが、現実とのギャップがいかに大きいかが分かります。
ところで、昨年一年間の交通事故分析によりますと、運転席でシートベルトをしていない場合の死亡率は、している場合の約46倍、助手席では約10倍、後部座席では約4倍、さらに、後部座席で着用していない人がぶつかるなどで前の席の人の頭部に重傷を負う確立は約51倍とのこと。施行される前から習慣にしたほうがよさそうです。





 片山右京、来年もパリダカからスタート!

レーシングドライバーで登山家としても有名な片山右京の活動が、来年もパリダカからスタートします。今年、廃てんぷら油で走るディーゼルカーで参加し見事完走を果たしましたが、来年もまた、廃てんぷら油のディーゼルカーでチャレンジします。
2008のパリダカは、ポルトガルのリスボンを1月5日に出発、20日にセネガルのダカールでゴール。走行距離約1万キロメートルにおよぶこの過酷なレースで挑戦と環境をテーマに、どんなドラマを見せてくれるか楽しみです。