Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
3月25日号

 F1GP開幕、ラルフがポイント!

いよいよモータースポーツの最高峰F1が開幕、今シーズンも、一気にモータースポーツマインドに火がつきました。2007年の開幕戦の舞台はオーストラリア。初優勝を狙うトヨタチームにとっては、今シーズンを占う非常に大切な一戦です。予選は、ヤルノ・トゥルーリが8番手、ラルフ・シューマッハーは9番手。決勝レースは、特に中団グループで激しい順位争いが白熱!その中でトヨタの2台は健闘し、ラルフ・シューマッハーが8位で1ポイントを獲得!ヤルノ・トゥルーリも9位で完走を果たすまずまずの初戦でした。信頼性が大幅にアップしたトヨタチームの今後に期待です!





 国内スーパーGT、レクサスが逆転勝利!

一方、国内屈指の人気カテゴリーSUPER GTも開幕です。昨年、開幕戦の鈴鹿で、記念すべきデビューウィンを果たし、年間シリーズでも見事チャンピオンを獲得したレクサスに、NSXやフェアレディZ勢がどう挑むのかに注目が集まりました。予選では、NSXが上位を占めたものの、決勝では、立川祐路、高木虎之介組のレクサスが上位をキープ!なんと、ファイナルラップで、スローダウンしたNSXを抜き去り、逆転で開幕戦を制しました。この他、GT300クラスでは、トヨタ期待の若手が駆るMR-Sが3位入賞を果たしています。






 居眠り運転防止シートが開発!

わき見運転や居眠り運転で事故を起こすドライバーが多く、社会問題にもなっていますが、
時に春。春眠暁を覚えずといいますが、こと、運転中にはとんでもないことです!そこで、運転中のドライバーの居眠りの予兆をとらえて警告する、居眠り防止の新しいシステムが開発されました。東京大学などの研究チームが開発したものでシートの背もたれ部分に埋め込まれた二つの圧力センサーで、ドライバーの脈の波形をとらえます。もしドライバーが居眠りをしそうになり、不規則な、振幅が出た場合、自動的に警報を発する仕組みです。またこの研究で、背もたれの角度を33度にすると、人の脳波や呼吸のリズムが規則正しくなり、疲れにくいことも判明しました。この居眠り防止シート、5年後くらいには、実用化とのことです。