Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
3月18日号

 F1からヴィッツまで、トヨタのモータースポーツ活動計画!

トヨタ自動車は、先日、F1グランプリ、スーパーGTからヴィッツレースに至るまで、国内外のモータースポーツの活動計画を発表しました。その中で、先ずF1については、目標はずばり「悲願の優勝」、ドライバーは昨シーズンと同じ、ラルフ・シューマッハー、ヤルノ・トゥルーリです。また、アメリカで最高の集客を誇るNASCARの最高峰ネクステル・カップ・シリーズへのチャレンジは既に開幕、全米のファンや関係者の注目を集めています。国内では、昨年、レクサスSC430でタイトルを獲得したスーパーGTでの連覇を誓いました。さらに、“普段町で乗っているヴィッツでレースに参加”をキーワードに、通勤やドライブで使用しているヴィッツで、そのままレースに参加が可能なネッツカップヴィッツレースは、今年も全国5つのエリアで22大会を開催、この秋に富士スピードウェイで行われるF1日本GPとの同時開催も発表されました。このヴィッツレースは、皆さんにも十分チャンスがあります!気になる方は、公式サイト:netz.jp へ。





 2030年にはバイオ燃料がガソリンの1割に…

今年のダカールラリーに、元F1ドライバーの片山右京選手がてんぷら油を使用したランドクルーザーで出場し話題になりましたが、こういったバイオ燃料(生物燃料)の増産が世界的に叫ばれています。国産バイオエタノールの増産などを検討する政府の関係機関では、このほど、バイオエタノールの生産量を、2030年までに、ガソリン消費量の約1割に拡大する計画を発表しました。現在 ガソリンの年間消費量6000万キロリットルに対し、バイオエタノールは、30キロリットルあまり、これを飛躍的に増加させるためには、各省庁の垣根を越えた協力が必要で、プロジェクト設置の声も高まっています。






 私たちの体には生まれる前から♪が流れています。

この春、東京お台場のトヨタのショーケース『MEGA WEB』がクラシックに包まれます。イベントタイトルは、「MEGA WEB CLASSICS 2007 appassionato」、国内外の若手アーティストとプロの演奏家によるコラボレーションコンサート、ヤマハサイレントシリーズの楽器体験コーナーなどを通じて、クラシックの魅力に触れていただきながら次代を担う若手アーティストの未来を応援しようというものです。17日からスタートした展示イベントでは、トヨタの最新モデル7台のカーオーディオに、どこかで聴いたことのあるクラシックの名曲をインストール、ドアを開ければ、クラシックの名曲に触れられます。3月24日(土)、31日(土)には、ヤマハサイレントシリーズ・楽器演奏体験コーナー、インストラクターの指導を受けながら、サイレントバイオリンやサイレントチェロなど、普段はなかなか手にする機会のない楽器の演奏を体験することが出来ます。両日とも、午前11時〜受付です。この他、4月8日までクラシックをテーマにした様々なイベントが開催されますが、詳しくは、ドライバーズサロンで特集します。