Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
3月11日号

 この春、お台場メガウェブがクラシックに包まれます。

東京お台場の名所のひとつメガウェブが、この春、クラシックの音色に包まれます。
        
イベントタイトルは、「MEGA WEB CLASSICS 2007 appassionato」、国内外の若手アーティストとプロの演奏家によるコラボレーションコンサート、ヤマハサイレントシリーズの楽器体験コーナーなどを通じ、クラシックの魅力に触れていただきながら次代を担う若手アーティストの未来を応援しようというものです。

3月17日からスタートする展示イベントでは、トヨタの最新モデルのカーオーディオに、どこかで聴いたことのあるクラシックの名曲をインストール、扉を開ければ、インテリアやオーディオをチェックしながらクラシックの名曲に触れられます。

3月24日(土)、31日(土)には、ヤマハサイレントシリーズ・楽器演奏体験コーナー、インストラクターの指導を受けながら、サイレントバイオリンやサイレントチェロなどの演奏を体験することが出来ます。

また、4月1日(日)には、アドバイザーに作曲家でピアニスト、指揮者の岩代太郎氏を迎え、14歳ながらヨーロッパの数々の音楽コンクールで活躍しているピアニストのダニエル・レーブハルト氏、国内の2人の13歳のバイオリニストなど、国内外の10代のアーティストによるコンサート、また、岩代太郎氏、3200名の中からオーディションで選ばれた精鋭によるボーダーレスなクラシックユニット・Clacks、「笑」のヒットで知られるシンガーソングシンガーの笹川美和さんのトリプルコラボレーションなど華やかなステージが行われます。

さらに、3月25日(日)には、この番組「TRDドライバーズミーティング」の公開収録イベントも岩代太郎氏、笹川美和さんほかをお迎えして行います。

詳しくは、来週以降も番組内でお伝えしますが、メガウェブの公式サイトを是非ご覧下さい。
「MEGA WEB CLASSICS 2007 appassionato」は、3月17日〜4月8日まで、お台場のメガウェブで開催されます。





 富士山ナンバーの導入決定!

昨年秋から始まった「ご当地ナンバー」は人気も上々ですが、当初は導入が見送られていた“富士山”ナンバーにGOサインが出ました。以前から求める声があった“富士山”ナンバー、実は、このナンバーを申請していたのが、静岡県と山梨県。二つの陸運局にまたがってしまうということで、見送られていたのです。しかし要望が強いため、関係機関で前向きな検討が行われた結果、この度、正式に導入が決定しました。導入開始時期は来年秋を目指すということですが、“富士山”ナンバーを付けることができるのは、山梨県側では、富士吉田市や山中湖村など、静岡県側では、富士宮市、富士市、御殿場市、裾野市などということです。






 ETCで『風林火山』の里めぐり!

NHK大河ドラマが放映され、このところ話題の「風林火山」、そんな武田信玄の伝説が残る甲斐の国や信濃路をETCパスポートで、ぐるりと行けばお得です。このパスポートは、中日本高速道路が企画したもので、「甲斐の山々/風林火山の里めぐり・ETC2DAYSパスポート」。平日の連続する2日間有効で、山梨県内全域(一部神奈川県)の高速道路を周遊し、山梨圏内の観光地や名産品を楽しみ、翌日に首都圏に戻ってくることができます。料金は、普通乗用車¥5500、軽自動車が¥4500。公式サイトによりますと、東京の高井戸ICから八王子、小淵沢、甲府昭和、勝沼経由で高井戸に戻るコースでは、約30%の割引となっています。信玄ゆかりの温泉に浸かったり甲斐の国の名産に舌鼓を打ちながらお得な料金でドライブが楽しめるというわけです。