Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
1月28日号

 片山右京、てんぷら油でパリダカを完走!

世界でもっとも過酷なラリーといわれるダカールラリー、通称パリダカが、今年も、リスボンからダカールまでの総距離約7900キロ、16日間に渡って開催されました。今回、注目を集めたのが、トヨタのランドクルーザーで出場した片山右京選手。右京選手のクルマは、廃天ぷら油を精製した新時代の燃料、バイオフューエルで走るディーゼルエンジンのエコラリーカー。初のチャレンジで、過酷なラリーをどこまで戦い抜けるのか世界の自動車業界からの注目も集めました。大会中、様々な苦難に直面しながらも、堂々68位で完走、バイオフューエルの力を実証しました。また、もうひとつ嬉しいニュースは、モト部門、オートバイで、僕の友人で、フォトグラファーの桐島ローランド選手が、初挑戦ながら126位で完走を果たしました。





 そろそろ、キャンピングカーは如何ですか?

パリダカ出場・・・とは言わないまでも、たまには、自然の中でドライブやオートキャンプを楽しみたい方へイベント情報です。 「2007キャンピングカー&RVショー」が今年も開催されます。近年のアウトドアブームと共に年々盛況になり、いまや全米キャンピングカーショー、ドイツキャンプショーと並んで世界三大キャンピングカーショーのひとつにまで数えられるほどになったこのイベントは、2月10日から12日までの3日間千葉県の幕張メッセで開催されます。ところで、このショー、家族でもあるペットと一緒に入ることができる他、森林インストラクターによる自然体験コーナーなどもあって家族全員で楽しむことができるのも魅力です。






 ウワサのセグウェイ、果たして日本での使い道は?

去年の10月、日本でも販売が開始された未来の乗り物・セグウェイですが、現在、日本国内では道路交通法上、公道での使用ができないため、工場や倉庫、物流センターなどの広大な敷地を持つ施設での使用に限定されています。そこで、先頃、新たに「オフロードモデル」と「ゴルフモデル」の販売がスタート!これはセグウェイのタイヤをオフロードタイプに変更したもので、安定感がぐっと向上。舗装されていない山間部の道や海辺での走行にも適していて、農業分野では作業の補助に、また、ゴルフモデルは、芝の上での走行を考慮したタイヤを採用し、ゴルフバッグを搭載できるパーツが付属。通常のゴルフカートより、コンパクトで小回りが利く、自信作とのこと。