Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
12月10日号

 中嶋に続いて、小林がF1をテスト!

今季、本場ヨーロッパのF3を戦った若手日本人ドライバー3人が、シーズン最後を締め括る世界一決定戦「マカオGP」に参戦。ルーキーの小林可夢偉は予選でポールポジションを獲得したものの決勝では接触事故に巻き込まれて19位。しかしながら、その走りが認められ、トヨタF1のスペインのカタロニアでテストドライブしました。中嶋一貴同様、着実に世界の最高峰目指して歩み続けています。





 ブラジル恐るべし 少年がF1レーサーに勝つ!

ブラジルといえば、アイルトン・セナ、ネルソン・ピケ、リカルド・ゾンタと錚々たるF1レーサーを輩出している国ですが、そのブラジルサンパウロ郊外で、10時間耐久のカートレース大会が開催されました。ここに参加したのが、F1からはフェリペ・マッサ、ルーベンス・バリチェロ、インディからもトニー・カナーン、ダン・ウェルドンともの凄い顔ぶれ。しかし、並み居る彼らを引き連れてチェッカーを受けた少年がいたのです。それが15歳の少年チーム、「おれたちはなんにも出来なかったよ」と悔しがるベテランのバリチェロを横目に、大きなトロフィーを抱えるこの少年たちやがて、中嶋一貴や小林可夢偉のライバルとしてF1シーンに登場してくることでしょう。





 事故を起こさないクルマが登場する日!

この年末も悲惨な事故のニュースがあとをたちませんが、トヨタは、ITS(高度道路交通システム)技術を活用した安全運転支援システムの開発を促進するために、今月から、愛知県内で公道走行実験を始めました。このITSは、事故をおこさない究極の交通安全システムで、道路側に設置した通信機と車に積んだ安全システムなどで通信を行い、道路状況をドライバーに把握させるというもの。車間距離や信号の見落とし、スピードオーバーなどを伝えてくれます。トヨタでは、「事故を起こさないクルマ」の実現を目指しています。そうなる日が一日も早く来ることを願います。