Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
12月3日号

 中嶋一貴、早くもF1でデモ走行!

先日、富士スピードウェイでおこなわれた「トヨタ・モータースポーツ・フェスティバル」はあいにくの雨にもかかわらず、大勢のモータースポーツファンが集結、大いに盛り上がりました。特に、いよいよ来年から、この地でF1が開催されるとあって注目度は例年以上でした。そんな中、歴代のレーシングカーに続き、パナソニック・トヨタ・レーシングのラルフ・シューマッハーがトヨタF1をドライブ。さらには、中嶋一貴も来季からテストドライバーとして参戦するウィリアムズF1に乗って登場!サーキットを沸かせました。さあ、来年、トヨタF1がどんな姿をこの富士スピードウェイで見せてくれるのか?今から楽しみです。





 ヴィッツレースが、F1のサポートレースに決定です!

来年、富士スピードウェイで行われるF1日本グランプリのサポートレースとして、“街で乗っているヴィッツで参加が可能”なネッツカップヴィッツレースが開催されることが決定しました。10万人以上の観客の前で、レーサーとして思いっきりレースを楽しむチャンスです。詳細は、随時発表されますので、興味ある方は、ヴィッツレースの公式サイト等をチェックして下さい!





 アメリカヤフーが「エコカー特集」を開設!

アメリカのヤフーが、ハイブリッド車など環境にやさしい自動車を特集したページをクルマ関連のサイトに開設しました。これは、ガソリン価格の高騰を背景に急上昇しているハイブリッド車などエコカーへの注目度に対応したものです。この新ページの名前は「グリーンセンター」。主要自動車メーカーが販売するハイブリッド車などを紹介しているほか、環境負荷が小さくなる仕組みなど技術情報も掲載しています。開設早々、アクセス数も上々とのこと。





 “パソコン装備車”アメリカで人気上昇!

パソコンが車の標準装備品になるかもしれません。アメリカでは、車内でEメールをチェック、道路交通情報を知り、レストランを予約する、そんな光景や、こういった希望を持つ若者が激増しています。あるマーケットリサーチ会社が9月に行った調査では、車の購入を予定してい20代の若者の14%が車内でメールやウェブを見たいと回答。2004年から倍増しています。そこで、あるカーディーラーでは、ピックアップトラックに、パソコンのオプション装備を開始しました。マイクロソフトも、ハードウエアメーカーと共同で、クルマに装着したり、はずしたり出来るクルマ用のパソコンを来年にも開発するとしています。近い将来、運転中、新着メールを読み聞かせてしてくれるそんなパソコンが登場してくるかも知れません。