Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
10月15日号

 NF1日本GPのあとは、富士のGTで!

史上最高、3日間で36万人を集めた鈴鹿のF1日本GP、トヨタの2台は3位、4位のグリッドからスタート。序盤戦は上位に食い込みスタンドのファンを沸かせましたが、結局、ヤルノ・トゥルーリが6位、ラルフ・シューマッハーが7位と表彰台獲得とはなりませんでした。しかし、スタンドを埋め尽くした大観衆は、生のF1をそれぞれのスタイルでエンジョイしたようです。そんな日本GPの興奮も冷めやらぬ中、こんどは、国内最高の人気を誇る自動車レース「SUPER GT」の最終戦が、11月4〜5日、静岡県の富士スピードウェイで開催されます。この「SUPER GT」は、トヨタ、日産、ホンダなどの自動車メーカーが、その威信をかけて技術と情熱を投入している自動車レースで、それだけにレーシングカーやバトルのレベルが高く、世界の自動車関係者やファンも注目しています。レクサスSC430、フェアレディZ、NSXといったおなじみのスポーツカーをベースに、レース用にチューニングしたモンスターマシンを、昨シーズンの覇者、立川祐路/高木虎之介、フォーミュラニッポンチャンピオンの本山哲をはじめとするトップドライバーが操って、迫力の真剣勝負を展開します。舞台となる富士スピードウェイは、来年、「F1日本GP」が開催される最新鋭のサーキットで、世界最長の約1.5kmのメインストレートを時速300kmのハイスピードでレーシングカーが駆け抜けるシーンは壮観です。

「SUPER GT第9戦 FUJI GT 300km RACE」は、11月4日:予選、5日:決勝!
チケットは、プレイガイド、コンビニエンスストア等で既に発売中、前売り券は、大人¥5,000、ペアチケット¥9,450です。

○開催情報など詳しくは、公式サイト: www.fujispeedway.co.jp
○0550-78-1234(インフォメーションダイヤル)





 事故多発です、野生動物に注意を!

ここ数年、クマやシカなどの野生動物が人里に降りてきて色々とニュースになっていますが、特に今年は、夏の天候不順から木の実が少なくクマが街まで降りてくるケースが激増しています。高速道路だけでも、年間3万件あまりの野生動物の交通事故死が報告されています。そこで、各地自体では、“野生動物注意”のキャンペーンを行っています。東京の新百合ヶ丘の住宅街でも、「タヌキに注意」の看板が掛かったそうです。道路、いえ地球はみんなのもの、くれぐれもご注意を・・。