Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
9月17日号

 皇帝シューマッハー、引退!

先週末、 “F1シーンの皇帝”ミハエル・シューマッハーが、今季限りでの現役引退を表明、16年間のF1生活にピリオドを打ちました。シューマッハーは7度のチャンピオンを獲得し、優勝は実に90回、様々な記録を塗り替えてきました。引退を表明したイタリアGPでも貫禄のトップランを飾り、余力を残しての引退表明に、関係者からは、惜しむ声も多数聞かれました。シューマッハーは1968年生まれの38歳、どういった形で第2の人生を歩んでいくのかに注目が集まります。尚、このイタリアGPで、弟のトヨタのラルフ・シューマッハーは15位、ヤルノ・トゥルーリは7位入賞を果たしています。 また、アメリカ最高峰のレースシリーズ「インディカー・シリーズ」へのステップアップカテゴリー「インディ・プロシリーズ」に参戦中のレーサー鹿島は、先週シカゴで行われた最終戦で、10番手からスタート、ジャンプアップが期待されましたがエンジン不調に泣かされて12位フィニッシュと、不完全燃焼に終わりました。しかし、チームオーナーのマイケル・クロフォードは、レース後、来季の活躍を期待するとコメントを残しました。





 道幅狭い・カーブ多い、危険知らせるカーナビ開発へ!

急カーブを曲がりきれず、対向車線にはみ出し、正面衝突やガードレールにぶつかるなどの事故が多発していますが、国土交通省は、狭い道や急カーブなどを事前に知らせる新しいカーナビゲーションシステムをメーカーと共同開発すると発表しました。このカーナビは、狭い山道などに差しかかると、「この先、道幅が狭く、カーブが多です」などと音声で注意し、危険を知らせるだけでなく、走りやすい道を優先してコースを選ぶこともできるというもの。関係者は、初心者や増加している高齢者ドライバーの事故防止に繋がるのではと期待しています。





 この秋も、お台場メガウェブでコラボレーション!

お台場のトヨタの巨大ショーケース、メガウェブは、この秋も話題がいっぱいです。好評のカローラ生誕40年記念展では、ピカピカに磨きあがられた歴代のカローラを目の当たりにすることが出来るほか、初代から7代に渡るセリカを一堂に会したセリカ展も、会期が延長されています。

そして、この秋のメガウェブの注目イベントはなんといってもこれです!今年で4回目を迎え、いまやお台場名物ともなった「DREAM DRIVE DREAM LIVE2006」が、9月23日(祝日)に、お台場のメガウェブで行われます。“レーシングカーと音楽のコラボレーション”をテーマに1960年代から現在に至るまでのトヨタのレーシングカーと、様々なアーティストのライブが織り成す異色のエンターテインメント!出場マシンは、60年代の「トヨタ7」「トヨタ2000GT」、90年代にフランスのルマン24時間で活躍した「TS010」、「TS020」、かつて、WRC世界ラリー選手権を席巻した「セリカ」、「フォーミュラ・トヨタ」「F3」など最新のフォーミュラカーも登場、あの観覧車下の特設コースを全開で疾走!まさに迫力満点です。

さらに、このデモンストレーション走行に、スペシャルゲストのライブやトークがコラボレーションです!今年最もブレイクしたアーティストのひとり、今週のゲスト「SEAMO」、実力派ヒップホップアーティスト「2BACKKA」、ジャンルを超えて大活躍中の安良城紅、加えて、格闘家で、この夏ヴィッツレースでレーサーデビューを果たした武田幸三選手も、自身のマシンと共に登場します。

“レーシングカーと音楽のコラボレーション”「DREAM DRIVE DREAM LIVE」は、9月23日、13時、お台場メガウェブでスタート。入場は無料、当日午前11時〜、観覧チケットが配布されます。
お問合せは、03-3599-0808(メガウェブ)まで。
【公式サイト】http://www.megaweb.gr.jp/