Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
7月30日号

  人気のスーパーGT、レクサスが優勝です!

先日、宮城県のスポーツランドSUGOで開催されたスーパーGT第5戦で、トヨタチームセルモのレクサスSC430が、見事、ポールトゥウィンを飾りました。この結果、高木虎之介とタッグを組む立川祐路は全日本GT選手権時代から通算8勝目を挙げ、シリーズ最多勝利ドライバーに、また、トヨタ勢は、2001年以来、スポーツランドSUGOの大会で6連勝を達成しました。さて、国内最高の観客動員を誇る、このスーパーGTですが、トヨタのスーパーGTドライバー達が、この夏、お台場で初のイベントを開催します。8月13日(日曜日)、会場はお台場のMEGA WEB(メガウェブ)、「TGDA(トヨタ GT Drivers Associationn)ファンイベント」。スーパーGTに参戦しているトヨタドライバー12 名がトークショー、レーシングカート大会など、様々な交流イベントを企画しています。詳しくは、MEGAWEBまで。





  片山右京、今度は廃てんぷら油でラリー参戦です!

元F1レーサーで、登山家としても活躍している片山右京さんが、使用済みてんぷら油を精製したバイオディーゼル燃料を使用するトヨタ・ランドクルーザーでのラリー参戦を表明しました。環境保護、省エネが叫ばれる中、このバイオディーゼル燃料は、アメリカ、ヨーロッパ諸国をはじめとした多くの国で注目、日本でも、京都市では、ゴミ回収車等がこの燃料で日々走っています。そんなバイオディーゼル燃料を使って、片山右京さんが参戦を発表したのは、あの世界一過酷なラリー、パリダカです!来年1月スタートの伝統のラリー参加を通じて、車社会と環境、エネルギーについての新しい提案を行います。ところで、てんぷら油を精製した燃料による国内初のレース参戦は、昨年夏、栃木県のツインリンクもてぎで行われた耐久レースでのこと。このレースでは、片山右京さんと共にレーサー鹿島もカローラランクスのステアリングを握りました。新時代の挑戦にご注目です!





  新型ミラーで「死角」なし!

クルマを運転していて、後方からサイドに突然やってくる自転車やバイクの存在にヒヤっとしたことがあると思います。いわゆるクルマの死角ですが、この死角をなくす新兵器が誕生しました。品川区のクルマ部品メーカーが開発したもので、サイドミラーから赤外線レーザーを発射し、後方から接近する車を感知するというもの。ミラーに仕込まれたレーザーが、進路変更などの際、死角に入った車やバイクの存在をドライバーに知らせてくれます。3年後の実用化を目指しているとのこと。頼りになりそうです。