Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
7月9日号

 F1アメリカGP、トヨタが連続ポイントを獲得!

いよいよシーズン後半戦に入ったF1は、先週、第10戦アメリカGPが開催されました。トヨタF1のヤルノ・トゥルーリは、予選でトラブルが発生しピットスタート、最後尾からの追い上げながら、見事4位入賞を果たしました。これでトゥルーリは、前回のカナダGPに続いて2戦連続のポイント獲得、「われわれは着実に進化を続けている」と、久しぶりに自信の言葉も飛び出しました。また、F1レーサーを目指してヨーロッパで活躍中のトヨタ・ヤングドライバーズ・プログラムの若手3人衆のひとり、小林可夢偉選手が、F3ユーロシリーズ・第8戦で3位に入り、初の表彰台に上りました。これにより、ルーキーランキングはトップを堅持、総合ランキングも8位に浮上しました。





 もっとバイクの駐車場を!

6月に施行された駐車禁止に関する「改正道路交通法」は、「道路がすっきりした」など、一定の成果は上がっている一方で、残念なトラブルも報じられています。そんな中、活性化しているのが駐車場ビジネス!都内では、副業として新たに駐車場ビジネスに参入する人もいて、ハウツー本が発売されているほか、駐車場を展開している大手では、早くも売り上げが前年比を超える勢いのところも多いようです。ところで、今回の改正で、オートバイの取り締まりも強化されましたが、街の駐車場には二輪車お断りのところが多く、ある調査では、「もっと、町中(まちなか)にオートバイの駐車場を設けて欲しい」といった回答が70%を超えました。こういう声を受け、日本自動車工業会では、今後、オートバイの駐車場の拡充を訴えていくとしています。





 ゴルフカートで、買い物もOKです!

といっても、これはアメリカでのお話です。ジョージア州のピーチツリーシティは、ゴルフ場を中心とした街作りで知られます。ユニークなのは、車に次ぐ交通手段として、なんとゴルフカートが街を走り回っているのです。この街では、ゴルフカート用の道路が整備され、ゴルフカートで買い物に行くことも可能です。ところが、ここにきてゴルフカートをめぐって、ちょっとした論争が起こっています。法的な規制がないため、ゴルフカートでの酒酔い運転が多く、事故も多発。さらに、ゴルフカートで、一般の道路に入り込むマナー違反も増え、街を通るクルマのドライバーから、危ないと苦情が殺到しています。しかしながら、この街ではゴルフやゴルフカートが名物なだけに役所でも頭を抱えているということです。