Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
6月18日号

 トヨタのヤングドライバーズが、自信と夢を語る!

トヨタのF1ドライバー育成プロジェクト、トヨタ・ヤングドライバーズ・プログラム(TDP)のメンバーとして、本場ヨーロッパの「F3ユーロシリーズ」で大活躍している日本人若手ドライバー達が、前半戦を終わり、一時帰国、記者会見を行いました。開幕戦で優勝を飾った平手晃平(20歳)、シリーズ初挑戦ながら、第4戦で晴れて表彰台の真ん中に登った中嶋一貴(21歳)、ルーキーポイントの首位をキープしている小林可夢偉(19)の3人が、自信や夢を語りました。F1への最終関門といわれる「ユーロF3」、次戦、第7戦は、7月1日にイギリスのブランズハッチで行われます。ところで、番組では、記者会見の後、3選手へそれぞれインタビューを行いました。この後、ドライバーズサロンで彼らの本音に迫ります!





 憧れの富士スピードウェイで、A級ライセンスを取得しませんか?

先程ご紹介した若手レーサーとまではいかないけれど、チャンスがあればレースに出てみたい、と思ったことはありませんか?今年、装いも新たにリニューアルした「ネッツカップ・ヴィッツレース」は、“普段、街で乗っているヴィッツでレースに参加”をキーワードに、これまで全国に400人を超える“週末レーサー”を生み出してきました。普段は買い物やドライブにも使えるレース仕様車はもちろん、レーシングスーツ、ヘルメットなどの必需品も全て、全国のネッツ店で販売中、“週末レーサー”への道がぐっと身近になりました。そしてこの夏「ネッツカップ」では、「A級ライセンススクール」を開催します。この講習会では、全くの初心者の方でも2日間でB級ライセンスからA級ライセンスまでの取得が可能です。また、スーパーGTなどで活躍中のプロドライバーによるドライビングレッスン、サーキットトライアルなど、全てが富士スピードウェイのレーシングコースが舞台です。来年F1が開催される富士スピードウェイで、安全にサーキット走行を楽しみながら、2日間でA級ライセンスをGET!かなりおすすめです。

先着50名、6月30日まで受付中です。
詳しくは、ネッツカップ公式サイトをご覧下さい。





 女子高生が発明した凄いシステム!

アメリカの女子高生が、クルマに因んだ凄いことを発明しました。この女子高生が発明したのは、自動車メーカーも注目のエンジンスターター。これ、携帯電話から自分のクルマに電話をし、エンジンを自動的にスタートさせるというもの。これまでのリモートスターターとの断然違うのは、有効距離!このシステムを使えば、地球の裏側にいても、電話1本でエンジンスタートが可能!しかも、エンジンのみならず、クルマのあらゆる機能がスイッチオンできる凄いものです。これがあれば、暑い夏、レストランからエンジンをかけて、エアコンもスタート、なんてことも可能とのこと。但し、これだけ盛り上げた発明ですが、仮に地下駐車場にクルマを置いた場合、“圏外”で、システムが機能しないというの最大の弱点もあるようです!?