Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
5月28日号

 富士スピードウェイでワンメイクレースのお祭り!

このところ、クルマ、レース好きの間で手軽にレースに参加出来るワンメイクレースが人気です。代表的なものでは、トヨタのアルテッツァレースや先日もお伝えしました、ナンバーがついた公道走行可能なVitzのレース仕様車によるNetz Cupヴィッツレースがあります。ワンメイクレースの意味は、ワンメイク、すなわち同じ車両によるレースということで、ドライバーのテクニックが最も重要なポイントになることが最大の魅力です。普段は、スーパーGTやフォーミュラ・ニッポンのサポートレースとして行われているこの“ワンメイクレース”が、なんと一同に集まって富士スピードウェイで白熱のバトルを展開します。これが、6月17・18日の2日間に渡っておこなわれる「THEワンメイクレース祭2006富士」。この2日間でネッツカップヴィッツレース、アルテッツァシリーズ、GC-21など6タイプのレースが開催されます。近い将来、ワンメイクレース参戦を目論んでいる方はもちろん、とにかく走ることが大好きな方は必見のイベントです。

○開催情報など詳しくは、公式サイト: www.fujispeedway.co.jp
○0550-78-1234(インフォメーションダイヤル)





 トヨタはクルマばかりじゃありません。カレーも人気です。

いまや世界のトヨタと云われ、先日、クルマの販売台数が797万4000台と過去最高を記録したトヨタですが、このトヨタには、クルマ意外にも超人気の商品があるのです。それがなんと・・・カレー!これは、「トヨタ博物館ビーフカレー」と「トヨタ博物館野菜カレー」のことで元々はトヨタが運営する自動車博物館「トヨタ博物館」のレストランのメニューが、一流シェフの手による本格派の味付けが美味しいと好評を呼んでレトルト食品化されたのです。もっとも、購入できる場所は、いまのところ、トヨタ博物館やトヨタのお店のイベントなどに限られているようですが、ウワサを聞いて駆けつける人も多く、いまや年間50万食を売り上げるヒット商品になりました。お値段は840円、具の大きさとコクの深さでかなりのお味とか。