Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
3月19日号

 F1開幕、トヨタ無念、琢磨は必死の完走!

注目の2006年F1GPが、中東バーレンGPで開幕、日本人ドライバーとして期待のかかる佐藤琢磨は18位に終わりましたが、非力なマシンながら完走を果たしたその走りに大きな拍手が送られました。また、同僚の井出有治はリタイヤ。今季初優勝が期待されているトヨタは、なんと、R・シューマッハーが14位、J・トゥルーリも16位と残念な結果に終わりました。F1は早くも今日、マレーシアGP決勝、4月2日のオーストラリアGPと続きます。




 NASCARの殿堂がオープンへ!

日本からトヨタが本格参戦するなど、俄に注目が高まったアメリカのナンバーワンレース、NASCAR!このNASCARでは、以前から殿堂の建設を計画、土地を選定していました。この程、候補にあがっていたアトランタ、デイトナビーチ、リッチモンド、カンザスシティ、バーミンガムなどNASCARにゆかりのある土地の中から、ノースカロライナ州のシャーロットが選ばれました。デザインは、ワシントンの国立美術館、クリーブランドのロックンロールの殿堂などを手がけたペイ・コブ&フリード・パートナー社が担当します。このNASCARは早ければ2009年にオープンの予定です。




 リッター106キロ超えなら2500万ドル払います!

以前、プライベートの宇宙ロケット開発になんと1000万ドルの賞金をかけてコンテストを開催し、世界中から注目されたアメリカのXプライズ基金がまたまた仰天のコンテストで話題になっています。今度のコンテストは250マイル/ガロン(リッターあたり約106km)という驚異的な燃費を達成する量販車を開発した企業に2500万ドルの賞金を与えるというもの!コンテストの詳細はまだ明らかにされていませんが、1リッターで約106kmを走破できる車を1万台販売した最初の企業にこの賞金が授与されるということです。因みにいま売り出しの低燃費車ハイブリッドでもガロンに直すと60マイル/ガロン程度、250マイル/ガロンというのがいかに凄いことかお分かり頂けるとおもいます。それにしても、こんな低燃費車を開発出来るのは、日本の自動車メーカなのでは!?