Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
9月5日号

 伝統のスパ、トヨタF1に可能性が見えた!

F1第14戦ベルギーGPが、伝統のサーキット、スパ・フランコルシャンで行なわれました。スタート直後に4台が接触する波乱の幕開けに始まり、実に3度もセーフティーカーが導入された混戦の中、トヨタF1のオリビエ・パニスが、アクシデントに遭遇したにもかかわらず8位でフィニッシュ!貴重なポイントを獲得しました。また、期待のリカルド・ゾンタは、最後尾から追い上げ、一時は4位まで躍進する大健闘。しかし、残り3周で無念のリタイア! それでも巻き返しを図るトヨタF1に手応えあり!とスタッフもここからの終盤戦に期待を寄せています。一方、毎回、話題満載の国内レース、全日本F3選手権は先週末、第7ラウンド(第13戦、第14戦)が山口県のMINEサーキットで開催され、第14戦では地元山口・インギングの横溝直輝がTOPでフィニッシュ。悲願の初優勝を飾りました。またトムスのR.アンティヌッチが2位と、トヨタエンジン勢がワン・ツー・フィニッシュを決めています。




 高速道路にもマイレージサービスが!

いまや航空業界からガソリンスタンド、ホテルまでおなじみのマイレージサービス。この秋ごろからは高速道路にもこのサービスが登場しそうです。これは、先ごろ国土交通省が発表した高速道路・通行料金の値下げ案の中に、利用額に応じた「マイレージ割引」というのが盛り込まれたものです。このマイレージ割引、利用額50円につき1ポイントを発行し、5万円分のマイレージが貯まると、8000円分のポイントが与えられるというもの。このお得感は、廃止になった高額ハイカ(5万円券)と同じです。また、今回の値下げ案には、マイレージと並んで、通勤時間帯や夜間などの「時間帯割引」もあります。朝夕の3時間(6−9時、17−20時)に高速道路を使い、総利用距離が100km以内の場合、通行料を半額にする「通勤割引」、さらに、夜間10時から朝6時までは、通行料を3割引とするなどの「深夜・早朝割引」。ただし、これらのサービスは、いずれもETC装着車が対象で、国土交通省では、この秋から順次実施する考えとのことです。




 愛車に、可愛いシッポはいかがですか?

空前のペットブームといわれる中、ペット用のドライブ用品が色々と発売され、人気です。まさか、そんなペットブームにあやかるつもりではないのでしょうが、この度、あるカー用品メーカーが、自動車の屋根の後部に取り付けるクルマのシッポを売り出しました!? これは、見た目には動物のシッポを思わせる形をしたグッズで愛車の屋根の後ろに取り付けます。このシッポ、運転席からリモコンで動く仕組みになっており道を譲ってくれた他のドライバーや歩行者に「ありがとう」などメッセージを可愛いシッポの動きで伝えようというもの。彼女を家まで送って「さよなら」するときも、シッポをふってお休みのご挨拶が可能です。この装置を開発したのは、電子メールソフトで人気になった「ポストペット」の開発者。今回もヒットするでしょうか? ちなみのこの商品、ありがとうの感情を伝えるシッポという意味で、「サンクス・テイル」とのこと。