Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
6月6日号

 若手レーサーの意外な事実が発覚です!

このところ、「フォーミュラトヨタ」や「F3選手権」などで日本の若手レーサーが台頭してきていますが、そんな若手レーサーの中でも高校生の時からフォーミュラトヨタで大活躍! 最近では、トヨタの若手ドライバーが育成プログラムでF・ルノー・イタリア選手権などに参戦! 世界の猛者を相手に、いまやこのクラスナンバー1!の活躍をしているのが平手晃平選手! その平手選手に意外な事実が!なんと、これまで何十回もサーキットを走り、チャンピオンまで獲っているのに、実は、彼はこれまで一般の道路を走ったことがなかったんです。それもそのはず、平手選手は今年ようやく18歳になったばかり! そうです、いままで免許がありませんでした。そこで、活動拠点のイタリアと日本を行き来して、教習所通いを敢行! もちろん車の操作はお手のものですがサーキットには信号はないし、対向車もない、はじめての一般公道は緊張の連続だったようです。平手選手も、今ごろは、晴れて免許を取得してドライブなどに出かけているのではないでしょうか?それにしても、レーサーだって普通の道は緊張します。みなさんも、とにかく安全運転で……!




 なんでも運ぶ梱包(こんぽう)発送会社が大繁盛です!

いきなり「梱包発送会社」と言われてもピンとこないと思いますが、この会社、そこらの運送会社とちょっと違って敬遠されがちな「運びにくいもの」を格安でパッケージして運んでくれる会社なんです。名古屋に本社がある「パックメール・ジャパン」では、例えば、研究用のメダカの卵、江戸時代の弓矢、理科室のがい骨模型などなど…一般的に「送りにくい」ものを独特の梱包技術で国内はもちろん、外国まで運んでくれます。こんな仕事ぶりににレース関係者も注目。レーシングカートをサーキットまで運んだり、レース仕様のバイクをアメリカまで運んだこともあるとのことです。従業員はすべて、アメリカで特殊品の梱包の研修を行った匠(たくみ)の人たちばかり。この会社、今、売り上げも急上昇なんだそうです!みなさんも、なにか送るもので困ったなら相談してみてください。例えば、娘さんが活けた生け花をそのまま実家のお母さんに送る…なんてどうですか?