Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
2月15日号

 早くも話題!F1GPと中華三昧!

2004年のF1GPシーンは、3月7日の開幕にむけて各チームニューマシンのテストなどに余念がありません。そんな中で今季話題と注目を集めているのが、なんといってもお隣中国で初開催される第16戦の上海GP! 近いということもあって、日本から多くのモータースポーツファンが詰めかけそうです。先頃、この上海GPのチケット価格と予約の概要が決まりました。価格は3日間通しで370元(約4700円)―3700元(約4万7000円)。所得水準などを考慮し、安めに設定したそうですが、上海GPの魅力はなんといってもF1と中華料理の併せ技! この二つを目玉にツアー客を取り込もうと、旅行会社もいまから企画を練っています。この上海GPのチケットの予約も3月上旬から始まるとのこと。この秋は、F1GP&本場中華三昧!+胡弓の音色と、まさに上海旅行が盛り上がりそうです。




 ゲレンデのF1、スノーモビルを要チェック!

ウィンターシーズン、ゲレンデのF1といえば、あの憧れのスノーモビル! 映画などで観てカッコいいなと思った方も沢山いると思いますが、実は、このスノーモビルを実際に楽しんでいる愛好家が増加中! いま日本には約1万9000台ものスノーモビルがあり、専用のゲレンデも全国に50カ所以上。その人気が除々に広がっています。そんな日本のスノーモビル人気を引っ張っているのがヤマハのスノーモビル! このヤマハが、早くも来シーズンのニューモデルを投入します。水冷4ストロークの後方排気エンジンを搭載し、これまで以上に高い走行性を実現したヤマハスノーモビル「RSVector ER」など新機種が揃いました。来季こそ、スノーモビルにチャレンジしてみようなんて方は要チェックです。ニューモデルの予約は3月から。詳しくは公式サイトで!




 間に合った!受験会場へパトカーで!?

受験シーズンも佳境ですが、こんな時、受験会場を間違えてせっかくのこれまでの勉強も台無しに! こんな受験生が必ずといっていいほどいます。先日、京都の交番にタクシーの運転手さんが「この女の子をなんとかしてあげて」と駆け込んできました。見ると、タクシーの中で、女の子が泣きじゃくっている。話しを訊くと受験会場を間違えて、もう時間がなく絶対絶命! そこで、交番のお巡りさんが機転を効かせてパトカーを要請! これを聞いた京都府警の九条警察署の署長さんは「人生を左右する一大事であり、緊急事態に相当する」と判断、この受験生を、赤色灯とサイレンを鳴らしながらパトカーで受験会場まで送りました。その甲斐あって、危機一髪のところ間に合ったということです。これに関して、京都府警では「あくまでも特例の措置!」としていますが、この機転を効かせた粋な計らいに多くの京都市民も拍手を送っているそうです。