Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
12月14日号

 トヨタ、ハリウッド映画に続々登場!

いまやアメリカのビッグ3の一角を担うまでになったトヨタ自動車。最近ではハリウッド映画の中でも貢献度抜群! 『マイノリティーリポート』や『ターミネーター3』などで、スクリーンに登場してきた「レクサス」やトヨタのマークが入ったトラック「タンドラ」に驚かれた方も多いのではないでしょうか? これは、いまや市民権を得たトヨタが、もっとアメリカ社会に溶け込もうという戦略のひとつで、評判も上々! 今後も、続々トヨタ車がスクリーンに登場してくる予定だそうで、映画を見ながらトヨタ車探しなんていうのも楽しみのひとつになるかもしれませんよ。




 ドイツのクルマユーザーも日本車に大満足!

世界を代表する高級車・名車を数多く輩出している全ドイツ自動車連盟(ADAC)が、日本、アメリカ、ヨーロッパ車を対象にユーザーの満足度調査を実施しました。その結果、NO.1に輝いたのがトヨタ自動車! その他でもなんと日本車メーカーが7位までを独占しました。これは期せずして、最近ヨーロッパに販売を拡大してる日本車メーカーの人気が判る結果。ちなみにヨーロッパ勢としてはポルシェとサーブが辛うじてベストテン入りしているだけでした。




 大阪モーターショーに並んだヘンなお酒!
 これでも酒酔い運転やりますか?

先頃開催され評判を呼んだ大阪のモーターショーで、新車などと並んでさり気なく展示されていた一升瓶や焼酎のボトルに見物客から苦笑いが起こっていました。それもそのはず、このお酒のラベルをよ〜く見ると「本格焼酎・後の祭り」さらに「懲役1年搾り・大後悔」「痛恨の赤切符!ワイン・サンジュウマン」「酒酔い懲役1年醸造・一発取り消し!」・・・こんなネーミングがずらりと並んでいるのです。大阪府警が、少しでも飲酒運転の怖さをアピールしたいと、こんなアイディアをひねり出したのですが、これから宴会シーズン、こんなお酒が登場したなら、けっこう受けるのではないでしょうか!?