Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
10月5日号

 トヨタ、F1手応えあった!悔しさは日本GPで晴らす!

いよいよF1日本GP!
ここに向けてトヨタF1マシンは確実に進化を遂げ、アメリカGPでは、オリビエ・バニスが予選で,堂々の3位!まさにトヨタF1マシンの速さがトップチームに並んだ瞬間でした。期待された決勝では、サーキットの天候に翻弄され、痛恨のタイヤチョイスミスに泣き!結果はパニスがリタイア、ダマッタが粘りの9位完走に終わりましたが、2台ともスタートダッシュも完璧なもの!まさに速さも実感して、まさに手応えは充分!「あれが晴れてさえいれば!」こんなため息がドライバーやチームス タッフからも洩れました。「この悔しさは日本GPで晴らす!」エンジンもさらに進化したニューバージョン投入の噂もあり、鈴鹿でトヨタマシンが旋風を巻き起こしてくれる。そんな期待が高まります。




 日本GPに向けて応援イベント続々!

期待が高まるF1日本GP!これに向けて、応援イベントが色々と開催されます。 お台場のMEGAWEBではF1カーのスペシャル走行やドライバーズトークショー がありましたがGP直前の11日(土)にもMEGAWEBでは、トヨタF1チームサポーターズサロンが開催され、F1カーを前に撮影会やゲームなどが行われます。 また現在、2階のトヨタシティショーケースにはトヨタのF1マシンTF103が展示されています。
この機会にぜひトヨタのF1マシンを間近で見て下さい。




 飲酒ドライバーに強制ステッカー!

最近日本では、飲酒運転の高速バスドライバーが社会問題になっています。飲酒運転 に頭を痛めているのは、クルマの先進国アメリカも同じ。そのアメリカで、先頃、「究極」とも言える罰則というか対処法を提案した地方判事が話題になっています。 この判事は、フロリダ州のホワイト地方裁判官で、このホワイト氏はこの度、飲酒運転ドライバーに対して命じたのは、あるステッカーをクルマに貼りなさい!というもの。このステッカーには、「私の運転に御意見ください」という言葉と、無料通話の電話番号、さらに「判事が知りたがっています!」と、書かれたまさに究極のご意見ステッカー!現在この判決を言い渡されているのは4人で、いずれもステッカー代として50ドルも別途請求されています。もっとも、このみせしめ的、判決の是非をめぐって、論議も出ているのですが、さて、日本ではどうでしょうか?