Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
9月14日号

 トヨタ、マイカー通勤の自粛を呼びかけ!

「マイカー通勤の自粛を」これ、一般の企業なら珍しくありませんが、世界に冠たるクルマメーカーがこんな通達を出したら世間の注目を浴びますよね。トヨタ自動車はこのたび、愛知県豊田市に構える本社と本社工場で働く従業員2万8000人に、「マイカー通勤の自粛を」を呼びかけました。というのも、約3万人もの従業員の大半がマイカー通勤者。このため、本社と本社工場周辺の国道では毎朝2〜3kmの渋滞が発生。なんと、本社まで5kmというところから1時間近くかかることも! そこでトヨタでは、渋滞の解消と環境対策を考え、決断! 最寄り駅からのシャトルバスを導入するなど電車通勤をサポートすることにしたのです。その効果は上々で、これまでにすでに2000人がマイカー通勤をやめたそうです。これは自動車メーカーとして一見矛盾する方針のようですが、トップメーカーの試みはクルマ社会のあり方を見直すいいきっかけになるかもしれないと、関係者の間では驚きと絶賛の声が上がっています。




 セルフ式スタンド、1年で7割増の盛況!

最近ますます増えているのが、セルフ式のガソリンスタンド。石油情報センターがまとめたところ、この1年間でその数が7割も増加、2743軒までになったそうです。利用者は値段の安さから一度に大量のガソリンを買うドライバーが多く、セルフ式スタンド1店の月間の販売量は300〜800klにもなるそう。これは100kl以下が大半の有人スタンドを大きく引き離すデータです。とはいっても全体ではまだまだ少数であり、ドライバーがセルフ式の使い勝手をもっとわかってくれば利用者はもっと伸びるはずと、業界全体ではセルフ式の導入に意欲を燃やしています。