Speed Scoop
クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
7月13日号

 今度こそ高速道路でのバイク2人乗り解禁か!?

これまでも何度か浮上しては消えていった“高速道路でのバイクの2人乗り”が、どうやらいよいよ決着を見そうな情勢になってきました。現在、警察庁では2人乗りの是非を判断するための実証実験を行っていて、これが9月にも終了。これを受けて自民党オートバイ議員連盟では法案を作成、秋の臨時国会に提出する方向。とはいっても、これまでにも成立寸前まで行って立ち消えたことがあるだけに、今回もいぶかる声がありますが、オートバイ議員連盟でも「今度は大丈夫!」と自信満々!来年の半ばには高速道路で彼女とタンデム!これが実現しそうです。




 高速道路料金の無料化案に反響続々!

先日、民主党が高速道路通行料の無料化案を発表したところ、有権者からの問い合わせが相次ぎ、党関係者は「高い通行料に対する国民の不満をうかがわせる」とホクホク顔。年間3兆円近い料金収入の穴埋めには“自動車保有税”などの新税や国債を充てる方針ですが、自民党には「荒唐無稽だ」と一笑に伏す議員たちが多いのも事実。それでも民主党はこの反響の多さに早くもこの“高速道路無料化”を次の選挙の公約にすると発表。この先この問題を巡っては論議を呼びそうです。もしかすると、秋にも予定されている総選挙は“高速道路選挙”なんてことになるかもしれません。




 この夏、停電が怖い!みんなで手信号を練習!!

今年の夏はご存じのように電力不足が心配されていて、企業や家庭でも省エネが叫ばれていますが、電力不足の余波はこんなところにも出ています。電力不足によってもし大規模な停電が発生したら、道路の信号が使えなくなる!こんな事態を想定し、埼玉県警では若い警官を中心に、手信号による交通整理を練習する方針だそうです。恒常的な停電などなくなって久しい日本では、手信号などやった経験がない警官も多く、手信号訓練を実施することにしたものですが、仮に停電があるときは電力ピーク時=暑い!制服姿での手信号は大変!そしてドライバーのイライラもピークに!!なんとか電力がもってほしいと願います。