クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
新春スピードスクープスペシャル 1月6日号

 今週は新春スピードスクープスペシャル!
 2002年を占うクルマの話題が満載です!!


トヨタF1、新春早々テスト走行!
いよいよ今年は注目のF1GPイヤーになりそうですが、その主役はなんといっても初参戦のトヨタF1! このパナソニックトヨタレーシングが、新年早々3月の開幕に向けて始動します。日本の正月明けを待って、トヨタのF1マシンはホームコースのポールリカールで今年最初のテスト走行をするものとみられています。今後もトヨタF1の動向から目が離せません!


フロントグラスにワイパー不要!
ハイテク化が進むモータリーゼーションの中でなんともアナログのままなのがワイパーの動きでした。そんなワイパーに止めを刺す研究が発表になりました。東京大学先端科学技術研究センターなどが、水をよくはじく撥水性材料の耐久性を高める技術を開発。これによってクルマのフロントガラスからワイパーが不要になってしまうかも!? このほかにもこれを応用することで雪が積もらない屋根なんていうのまで実現します。これまでも撥水性の高い樹脂などはあったのですがすぐにはがれ、耐久消費財としては利用が限られていました。ところが、今度開発されたものはこれまでより長い期間撥水性が失われずに、またはがれにくくなっています。これでクルマからワイパーが姿を消す日もそう遠くなさそうです。


50歳以上の運転免許合宿登場!
高齢化が益々進み、退職後などの余暇の過ごし方などが見直されていますが、若い時にクルマの免許を取りそびれたけど定年後にはクルマを活かした趣味に興じたい! そんな方が増えています。そこで、カー用品専門店大手のイエローハットが、今年の1月から、50歳以上を対象に自動車教習の合宿予約を受け付けます。これは、イエローハットと島根県益田市にあるドライビングスクールとが業務提携し合宿生を受けいれるものです。費用は宿泊料、食事代込みで30万円。最短で14日間で免許取得が可能ですが、教習が長引いても追加料金は徴収しないのが目玉。また、宿泊施設にはカラオケハウスなども備えてあり、年輩の方が飽きずに教習を受けられるような工夫もされています。


環境に優しいクルマ作りが加速!
昨年はトヨタのハイブリッド車が世界中で人気を集め、クルマを取りまく環境への配慮がいっそう認識された時代でした。こんな世論をバックに国土交通省は、バスやトラックなど大型自動車の低公害化をさらに進めるための研究に全力で取り組みます。大型車がもたらす窒素酸化物(NOx)や粒子状物質(PM)をあくまでもゼロに近く! これが目標で、今年度から研究に着手し、2005年度中には試作車を製作したいとのこと。この方針によると、次世代の大型車は今年から新たに適用される規制値排ガスNOx3.38グラム以下のさらに20分の1をクリアすることが目標となっています!