クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
12月28日SP号

2003年がスタートしました。
今週の「TRDドラーバーズミーティング」は「スピードスクープスペシャル」と題して、昨年1年間に起こったクルマ社会の出来事を重大ニュー
ス風に総まとめ!

遂にトヨタF1デビュー!
世界のモータスポーツファンが注目する中、遂にトヨタが、満を持してF1にデビューしました。3月3日オーストラリアでのF1開幕戦に赤と白のボディーカラーで颯爽と登場! 見事、ミカサロが6位入賞を果たしました。


トヨタエンジン、アメリカでもパワー炸裂!
F1デビューを果たしたトヨタは、アメリカ最高峰のCARTシリーズでも大活躍。4月27日には、栃木県のツインリンクもてぎで行われた大会で、Bのジュンケイラが悲願の地元優勝を達成! そして、第16戦・マイアミGPではクリスチアーノ・ダ・マッタが優勝して、初の年間ドライバーズチャンピオンを獲得しました。しかも続く17戦では、悲願のマニュファクチャラータイトルもGET! ドライーバーズチャンピオンと並んで、参戦7年目のCARTでトヨタがダブルタイトルを手にしました。


全日本GTでも史上初の2クラス制覇を達成!
国内では、全日本GT選手権で、トヨタスープラを駆る脇阪寿一/飯田章組、トヨタMR-Sの新田守男/高木真一組がダブルでドライバーズタイトルを獲得、シリーズ初の快挙にファンや関係者から惜しみない拍手が贈られました。


レース界に16才の新星現る!
年々すそ野が広がって行く日本のモーターレース界に新星が現れました。プロレーサーの登竜門としてこれまで数々のTOPドライバーを輩出して来たESSOフォーミュラトヨタの開幕戦になんと16才のレーサー平手晃平選手がデビュー! いきなり2位をGETして注目を浴びました。平手選手は最終戦の富士スピードウェイでも見事優勝! 年間4勝をマークしてシリーズランキング2位に輝きました。一方、全日本GT選手権には、近藤真彦選手のペアドライバーとして、高校生レーサーの下田隼成選手がデビューを果たしました。2003年シーズンも超若手レーサーたちから目が離せません!


トヨタのハイブリッドカー10万台突破!
1997年12月世界初の量産ハイブリッドカー「プリウス」を発売したトヨタは、その後も「エスティマハイブリッド」さらにマイルドハイブリッドシステム搭載の「クラウン」を発売。海外でもいまや20カ国で販売して、世界のハイブリッドカー市場を席巻! そのハイブリッドカーが、今年の4月についに10万台を突破! ハイブリッド車に占めるトヨタ車のシェアもなんと9割に達しています。


次世代を担う燃料電池車に認定第1号!
ハイブリッドカーに続く究極のエコカーとして、期待を担っているのが燃料電池車。これに関してもビッグニュースがありました。国土交通省は次世代のクルマとして期待される燃料電池車の認定第1号を発表。トヨタ自動車の燃料電池車「FCHV」が選ばれました。これを受けてトヨタでは12月かららリース販売を開始! 日本とアメリカでは政府機関に納入! 燃料電池車元年をアピールしました。


2002東京モーターショーの主役は
やっぱりエコエネルギーカーでした。10月29日(火)から11月3日(日)まで、千葉の幕張メッセで開催された「第36回東京モーターショー(商用車)」でも環境がテーマでした。特にトヨタ自動車は「環境と人への優しさ」のテーマのもとに、日野自動車、ダイハツ工業と3社合同でその先進の環境技術を披露して注目を集めました。中でも、燃料電池のハイブリッド・ノンステップ大型バスはすでに、実用に向けて、政府の肝いりで試乗会などが進められています。


飲酒運転で事故を起こしたら即解雇です!
6月に「改正道路交通法」が施行されて、飲酒運転などに関しての罰則が重くなり、飲酒運転に対する世の中の眼も一段と厳しくなりました。これを反映して、千葉県はこの6月以降、飲酒運転を行って事故を起こした県職員について、懲戒免職処分を原則とする方針を示しました。同様の処罰は高知県でもすでに導入されていてこちらは飲酒運転の発覚=即、懲戒免職処分とのこと。まさに飲酒運転は命取りにつながります。


カーナビ、1000万台突破!
今やドライブに欠かせない、「これを手放したらどこにも行けませ〜ん」なんてドライバーもいるくらい大人気のカーナビ! カーナビの出荷台数を調査したところこの8月には1000万台を突破したことが分かりました。昨年の3月には710万台だったのが、この1年で急速に普及! もはや車の必須アイテムに成長したわけです。


トヨタモータースポーツフェスティバル大盛況!
11月24日に開催された「トヨタモータースポーツフェスティバル」が大盛況のうちに終わりました。当日は前年を超える3万5000人が参加、トヨタF1の来季のドライバー、オリビエ・パニスのデモンストレーション走行、伝説のレーシングカー"トヨタ7"の復活ラン、GTカーのデモレース、相川七瀬のコンサートなどなど話題も満載でした

以上、色々なトピックがあった2002年でしたが、
今年2003年はどんなニュースが登場するのでしょうか。