クルマに関する話題を世界中からピックアップするスピードスクープ。
トップシークレット級のニュースやトピックも、レーサー鹿島がとことん追いかけます!
12月8日号

世界初の燃料電池車、小泉総理初試乗!
先日世界で初めて市販車として認定を受けたトヨタの燃料電池車の納車式が総理官邸で行われました。小泉総理は、奥田トヨタ自動車会長からカギを受け取り、初試乗! 乗り心地を訊かれた総理は「意外と静かで、乗っていて軽い感じがする。これなら充分どこまでも行ける」と絶賛! こうやって世界初の燃料電池車が経済産業省、環境省などに納入されたことに伴い、経済産業省にはガソリンスタンドならぬ水素ガスステーションが初お目見えしました。今後、東京の江東区や横浜市などに数カ所つくる予定とのこと。


トヨタF1ドリーム、パニスとダ・マッタが初テスト!
トヨタF1の来季へむけてのチャレンジがスタートです。先週の火曜日からスペインのバルセロナで新たにチームに加わったドライバーオリビエ・パニスとクリスチアーノ・ダマッタが二人揃って参加。来季仕様のエンジンを載せた改良型マシン「TF102B」に乗り込みだパニスは「いいフィーリングだと」笑顔で語り、来季から変更される1ラップのみの予選に関して「大丈夫!」「来季のシューマッハはそんなに楽じゃないと思う」とライバルに関しても自信を覗かせました。


運転代行業が大受け!
6月から「改正道路交通法」が施行され、酒酔い運転、酒気帯び運転共に、大幅な罰則が科せられることになりました。ドライバーの酒酔いを知っているのに隣りに乗っていた同乗者にも罰金が科せられるなど、かなり厳しいものです。しかし地方などでは、通勤やちょっとした食事などでも車は欠かせません。でも飲んだらあとが大変! そこで、運転代行サービスが大人気。脱サラしたり、タクシー会社が併行してサービスを行うなど新規参入が続々! 地方のビアレストランなどでは、お客さんに運転代行サービスの割引チケットを配布するところまで出現しました。これからしばらくは運転代行サービスがヒートアップしそうです。